モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

E131系

18きっぷで房総ほぼ一周の旅

 18きっぷの4回目は房総半島一周を考えました。単純に内房線~外房線を回るだけでは時間が余るので、それなら成田線、総武本線もと欲張り、出発から帰宅までの約10時間、ほとんど乗りっぱなしの旅になりました。

P3255126
今回は総武線快速に乗換える錦糸町を出発点とゴールにします。8:32、電留線はまだ空っぽと思っていたら、早速ひと仕事終えたE217系が入線してきました。

P3255133
約5分後にはE257系が到着。特急「湘南」で一稼ぎした編成でしょう。総武線快速はE217系とE235系を乗比べたいので、本数の多い時間帯にE235系が来るのを待ちます。

P3255135
錦糸町8:41~千葉9:11、721F、クハE235-1001、乗車距離34.4km、乗車時間30分、表定速度68.8km/h。
E235系は近郊タイプのトップナンバーでした。複々線区間なので表定速度は高い。

P3255140
クハE235-1001の車内。吊り手が標準的なタイプに変わっています。袖仕切りの形も山手線用とは少し違うような・・・。

P3255144
基本編成と付属編成の連結部分。E233系のように丸みがないから、ずいぶんと狭く感じます。模型だってらSカーブで確実にワイパーがぶつかるでしょう。

P3255150
乗継ぎ時間に余裕があるので、改札の外に出でモノレールを撮影。

P3255154
千葉9:35~成田10:07、1439M、クハ209-2131、乗車距離29.2km、乗車時間32分、表定速度54.8km/h。
日中の成田線は銚子までの直通がなく、成田で系統分割されています。4連なのでホームのなかほどに止まります。

P3255155
千マリ配置の209系は編成両端のクハがセミクロスシートになっているので、なるべくこれに乗るようにします。

P3255175
クロスシートの窓下に取付けられたミニテーブル。ここに腰掛けようなんてヤツがいるのか。

P3255158
成田到着、乗ってきた電車は留置線に引き上げます。それにしても外板の汚れが目立つ。特にドアのガラスは茶色くなっています。

P3255160
これ以後、改札を出ることはないので、外の空気を吸っておきます。

P3255165
乗換え通路には今時珍しい待合所があります。

P3255168
成田10:41~松岸11:53、2441M、クハ209-2131、乗車距離62.2km、乗車時間72分、表定速度51.8km/h。
銚子行きは千葉から乗った編成だったので写真は省略。佐原を過ぎると1両に10数人くらいの乗車率でした。写真は水郷~小見川間で、沿線は田植えの準備が始まっています。

P3255172
笹川で上り列車と交換のため3分ほど停車。成田線は佐原以外にめぼしい都市もなく、香取から先は貨物列車も走らないので、だいぶ線路状態が悪くなります。

P3255180
松岸で総武本線と合流。ここでは原則として成田線~総武本線相互の乗継ぎができるダイヤになっています。ホームは右から1~3番線で、2番線到着なら対面乗換えできるのだけど、この列車は3番線に入ります。

P3255182
跨線橋から万歳して撮影。その間に2番線を銚子行きの特急が通過してゆきました。このあたりは風が強いのか風力発電の風車が目に付きます。

P3255185
成田線の駅名票は特別なデザインでした。これ、厳密には総武本線ですが。

P3255186
松岸11:58~成東12:45、352M、モハ208-2107、乗車距離40.4km、乗車時間47分、表定速度51.6km/h。
千葉行きの352Mは6連、先頭のクハ208-2107はクロスシートに空きがなく、2両目に乗車しました。途中の八日市場で交換。総武本線は飯岡、旭、八日市場など中規模の街があり、千葉行きのせいもあって各駅はそこそこの乗車があります。

P3255196
成東は同じホームで東金線に乗換えられます(上り列車の場合)。左が総武本線、右が東金線で走る方向は逆なのにどちらも千葉行き、車両の向きも逆になっています。

P3255200
成東12:48~大網13:05、1644M、クハ208-2103、乗車距離13.8km、乗車時間17分、表定速度48.7km/h。
東金線は大きく右にカーブして総武本線と離れます。6連は外房線、内房線対応なのでしょう。東金線内はガラカラでした。

P3255204
大網はかつて外房線がスイッチバックする配線になっていました。屋根のある部分の階段を降りると改札から駅の外に出てしまい、外房線へは左の連絡通路を通って乗換えます。

P3255205
回り道のようだけど、これが最短経路なのです。

P3255203
大網13:08~上総一ノ宮13:30、4221A、クハE233-5104、乗車距離20.1km、乗車時間22分、表定速度54.8km/h。乗換え通路から撮影しているうちに上総一ノ宮行きの快速が到着。日中、東京からの上總一ノ宮行きは京葉線からの直通なので、どう頑張ってもクロスシートには座れません。途中、新茂原の手前には貨物駅を作る予定だった線路が残っています。

P3255210
上総一ノ宮13:40~君津16:29、3241M~3140M、クモハE131-5、乗車距離131.4km、乗車時間169分、表定速度46.7km/h。
この区間はE131系の2連なので、乗継ぎを考えて上總一ノ宮到着前に中間の6号車に移動しました。ホームに降りてもまだ木更津行きの姿は見えません。E131系は連結面寄りのドア間に1組ずつのクロスシートがあるので、進行方向窓側となる席は2両で4人分のみ、車内で昼飯とするのでなんとしてもこの席を確保しないといけません。乗車位置目標をしっかり確認して先頭から3番目のドア位置で待ち、首尾よく前向き右側の席を確保できました。折返し時間は5分そこそこ、かなりタイトなダイヤです。

P3255211
東京行きとなる快速は発車時点ではガラ空き。こちらはドア脇に立つ人もいますが、各駅ごとに降りる人が多く、御宿を過ぎると座席定員以下となりました。

P3255213
落ち着いたところで車号を撮影。列車はクハが先頭です。朝に地元で仕入れておいたパンで昼食としました。クハのトイレも使ってみたけど、広すぎてなんだか落ち着かない。

P3255220
上総興津で特急、安房天津で普通と交換。まもなく安房鴨川です。

P3255221
14:44、安房鴨川到着。10分停車で乗務員が交代、列車番号も変わってここから内房線になりますが、地理的には千倉あたりまでが外房になります。

P3255226
鴨川シーワールドなんかのレジャー施設もあるのに乗降客は少ない。停車時間中に車内の清掃をしていました。JRの文字がある部分がクロスシートで、私は反対側に陣取っていました。209系、E131系のラインカラーはウクライナの国旗とほぼ同じですね。

P3255230
和田浦で交換、先頭車は運転士側にカーテンが降ろされていたので、後部から撮りました。

P3255236
館山で交換、乗客も多少の入替わりがあり、車内はすこし立ち客が出るくらいに。学校がある時期はもう少し混むのだろうか。写真は竹岡の手前で、海の向こうに見えているのは三浦半島の久里浜あたりでしょう。

P3255241
16:29、君津に到着。右側の逗子行き快速が先発するので、大部分はそちらに乗換えます。全員が降りたわけではないので、車内の写真は撮れなかった。

P3255243
君津16:35~錦糸町17:53、4672F~1672F、モハE217-39、乗車距離76.5km、乗車時間78分、表定速度58.8km。
最終区間はE217系で締め。この形式にまとまった距離を乗るのはこれが最後かも知れません。五井では小湊鉄道の車庫に首都圏色のキハ40が2両止まっていました。

P3255245
あとは居眠りしていてもいいやとカメラをしまったところ、蘇我でEH200の試作車が止まっていたので、慌ててカメラを取り出して1枚撮っておきました。

P3255251
17:53、予定どおりに錦糸町到着。延々408.1kmの旅は終了しました。いわゆる汽車区間は1時間に1本の運転ですが、接続に無駄な時間がないダイヤが組まれていると思います。欲をいえば待ち時間にもう5分くらい余裕が欲しいところでしょうか。

世代交代完了直前の相模線

 前回、相模線を訪れたのが10月15日、11月半ばからE131系の営業運転が始まるので、新旧入り混じっている頃にもう一度行こうと思っているうち3月のダイヤ改正が目前に迫ってきて、こりゃいかんわと慌てて2月17日に再度の訪問となりました。

P2174379
前回同様、京王線で橋本に出ます(これが一番安い)。留置線にはうまいこと205系とE131系が並んでいました。

P2174381
到着したのは205系、幸先のよいスタートです。しかし、昼間の運用に入っていたのはこの1本だけでした。

P2174385
トップナンバーだったので4両分の車号を撮影しておきました。

P2174393
今日は茅ヶ崎までは行かないつもりなので、上溝で降りて後追い。構図としてはよいものの、もろに逆光です。

P2174394
駅前の道路にこんな横断幕が出ていました。まぁ、実現はしないでしょう。

P2174396
この駅は橋本寄りで狙うのが本命。ホームの幅が狭いので定員は2人くらい。同業者はいなかったのでじっくり構えます。もう少しローアングルにしたいけど、そうすると信号用の機器箱が手前に大きく入ってしまいます。

P2174397
ちょっとタイミングが早いかな。その代わり邪魔物を外せました。205系は来そうにないので、これに乗ります。

P2174399
ダイヤ改正後はワンマン運転になるので、車掌が乗務している状態を記録しておきます。

P2174401
車内の標記。こまめに消毒しています。

P2174402
吊り手は標準タイプ。E233系のはどうも好きになれません。

P2174413
入谷で降りて周辺を少し歩回りました。そのレポートは次回にアップします。

P2174427
社家まで行って引返します。相模鉄道時代の駅舎が残っているのはここくらいじゃないかな。

P2174428
跨線橋の足元の隙間から撮影。貨物営業の名残で交換駅は有効長が長い。ここではホーム横の集合住宅の外階段から俯瞰してみようと思ったのですが、私有のマンションだったので入れませんでした。

P2174431
ここでも車掌を絡めて撮影。

P2174434
昼間でもそこそこの乗車率なので、なかなか車内が撮れない。真ん中の仕切り扉が横引きになっているのは、運賃箱を置いた時に対応しているのでしょう。運転室はレール方向にも仕切りがあるので、真ん中に立ってもメーター類はほとんど見えません。

P2174437
205系との交換を狙い、原当麻まで戻る。ここでの交換はなかったので、そのまま乗込みます。

P2174438
相武台下で交換。ホーム長に余裕がなく、これ以上下がれません。205系が先発になるので、1カット撮ってすぐ乗込みました。

P2174441
海老名でも交換あり。

P2174445
どう足掻いてもこれが精一杯。205系とE131系であることはわかるから、よしとしましょう。だいぶ雲が出てきたから撮影はこれまで。小田急の海老名に出て、箱根そばで腹ごしらえして帰宅しました。
 最新の情報によれば、205系は25日で運用が終わったようです。横浜線に乗入れるE131系も撮っておきたいけど、朝夕限定なので時間を合わせられるだろうか。205系がいなくても狙ってみたい場所があるので、もう一度は行くことになるでしょう。

相模線100周年

 このところなにかと話題の多い相模鉄道ではなく、JRの相模線が今年は開業から100周年を迎えるので、9月から沿線でいろいろと記念行事が行われています。相模線といったら私が大学に通っている頃(昭和39~40年)はまだ非電化で、昼間はキハ10とか20が単行で走っていました。
 電化されたのは30年前の1991(平成3)年、電車は103系のお古が回ってくるのだろうと思っていたら、なんと相模線用に仕様変更された新品の205系が配置され、横浜線や南武線利用者からは羨望の眼差しが向けられました。あれから30年(10年足りない)、100周年に合わせたわけではないのだろうけど、11月18日からはこれも新車のE131系500番代が営業運転に入り、2021年度中に205系を置き換えると発表されています。こうなると205系だけの時に行くか、E131系が入ってどちらも狙える時に行くか迷うところですが、まずは行ける時に行っておくのがよかろうと、まだ残暑が頑張っている10月5日に出かけてきました。

PA051916
京王線で橋本に到着したのが9時半頃、もう朝のラッシュは終わったので、2本が電留線で昼寝に入っています。

PA051920
9:44発の列車で茅ヶ崎に向かいます。相模線は通年、全駅でドアは半自動扱いですが、今はコロナ対策として橋本と茅ヶ崎のみ、半自動としています。

PA051919
相模線用500番代の特徴はこの前面。いかにも非常扉付きのように見えますが、地下鉄乗入れ仕様ではありません。

P8228636
横浜線の205系と並んだところ。2008年の撮影です。前面だけ見ていると同じ形式とは思えませんね。

PA051925 原当麻
相模線は全線単線で、データイムの列車は概ね1時間に3本、7本で回しているので、途中5~6回の交換があります。2度目の交換となった原当麻(はらたいま)。電化されてから列車本数はほとんど変わっていませんが、沿線の宅地化はだいぶ進んでいます。

PA051927 下溝
下溝。橋本を含む18駅中の8駅が交換可能で、交換設備のない駅は大体こんな感じです。

PA051928
下溝~相武台下間、沿線は意外と開けた場所が少なく、住宅がない所は足場が悪い。丹沢の山をバックに田園風景の中を走る、という写真が撮れそうな場所は見当たりません。

PA051930
相武台下。小田急の相武台前と間違えると悲惨です。ここは今も駅の西側(画面の右側)に田畑が広がりますが、線路の近くに道がないし、草も茂って撮影には向きません。遠くに海老名のビル群が見えています。

PA051933
このカットは電化当初とほとんど変わっていません。

PA051934 社家
海老名、厚木は飛ばして社家。

PA051936 寒川
寒川で交換した編成は100周年記念のヘッドマーク付きでした。

PA051937
1時間弱で茅ヶ崎に到着。客が降りたところで車内を撮影します。フロントガラスに合わせて仕切りドアのガラス下辺が低いのは、子供が前を見やすいようにという配慮だとか。

PA051939
素っ気ないくらいシンプルな車内。寒冷地ではないので袖仕切りの風よけは追加されていません。

PA051946
茅ヶ崎では下車せず、北茅ヶ崎まで1駅戻ります。

PA051947
ここは貨物扱いがあった頃の名残か、複線部分が長くなっているので、編成写真が撮れそうです。右の建物はスーパー銭湯の湯快爽快ちがさき。

PA051949
こぢんまりした駅舎。駅名の看板は文字がほとんど読めません。

PA051952
改札口は片側だけ。貨物用の側線跡が残っています。

PA051953
100周年と騒いでいるのは「鉄」だけのようです。

PA051951
約1時間で3本撮影しました。私は1本撮ったら駅に戻り、日陰のベンチに座っていましたが、先に三脚を構えていた高校生くらいの鉄は、ずっと日当たりのよいポジションを離れず頑張っていました。

PA051966 倉見
同じ車両しか来ないので3本も撮れば十分。ロケハンしながら海老名方向に戻ります。倉見でヘッドマーク付きと交換。ここも貨物扱いの名残で複線部分が長いけど、ホームの端からこのアングルが精一杯です。

PA051983
厚木のホーム端から正面勝ちに狙ってみました。まぁ、正面からしか撮れないわけで、どう構えても非常用の発炎筒が邪魔です。この部分が複線になっているのは、かつて奥の信号機のあたりに厚木本屋があった名残なのです。

PA051986
この編成は正面から撮るのが正解です。もろに陽が当たってマークがとんでしまうので、-0.3補正しています。

PA051994
ベンチに座って小休止しながら小田急を撮影できます。

PA051995
相武台下まで行ってみました。ここに限らずきついポイントが多く、25km/hの制限がついています。

PA051999
西側(画面左)に出るのは大回りになるようなので止めておきました。跨線橋から数カットを撮り、海老名に戻ります。

PA052000
このポスターは海老名駅限定。駅職員の発案によるものだそうです。相模線の海老名駅は国鉄がJRに変わる寸前の1987(昭和62)年3月21日に開業しています。

PA052001
ペデストリアンデッキからもなんとか撮影できます。

PA052008
反対側から、手前の線路は相鉄の貨物線ですが、今は新車の搬入か、廃車前提で厚木の留置線に回送される列車くらいしか走りません。14時半を過ぎたので撮影はこれで終了。小田急海老名駅構内の箱根そばで遅い昼食としました。今回は暑さでパスした所もあるので、E131系が営業運転に入ったらもう一度出かけてみます。

プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 仲間が増えた
  • 仲間が増えた
  • 仲間が増えた
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ