モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

西武鉄道2000系

西武鉄道、気になるパンフレットのおかげで・・・

 7月の後半は、2000系2001Fがいつまで動いているのかを確認するため、かなり頻繁に新宿線通いをしていました。

P7160468
16日はちょっと雲が多い空模様でした。11時頃、2007Fが上石神井に入庫。帰ろうと思ったら2001Fが本川越行き急行で下って行きました。田の字窓の8連はこの2007Fの行き先表示が字幕、2001FはLEDなので、車号が見えなくても確認できます。

P7160474
それではと久米川の小平寄りで待ち構えます。雲がかかってもこれくらいならきつい影が出なくて、足回りも潰れません。

P7160476
うっすら陽が射してきた。すこし足回りが潰れ気味だけど、まぁいいでしょう。

P7160478
12:10、本命がやってきました。左奥の久米川駅を発車するまで陽が射していたのに、目の前に来る3秒くらいのうち雲がかかり、見事な真鱈まだら模様になりました。7両目あたりから後ろはしっかり陽が当たっています。

P7160480
悪さをしたのはこの雲です。

P7160503
ここのまま帰るのは癪なので、次の拝島急行に入った戻りを萩山で迎え撃ち。何度か通っているうち、新宿線の運用は急行なら本川越~拝島、普通は田無~本川越の繰り返しになることを理解しました。

P7170529
17日は昼過ぎに2001Fが8連で普通の本川越行きに入っているのを確認したので、光線状態を考えて入曽まで出向きました。この手前の踏切からがまぁまぁのアングルだったのですが、その先の踏切はどうだろうかと歩き出したら、お目当ての2001Fが来てしまいました。時間を読み違え、もう1本あとだろうと思っていたのが敗因です。

P7170531
すぐ入曽から次の急行に乗り、上石神井で追抜いて鷺宮に先回り。後追いでなんとか押さえました。
P7180534
18日、田無まで行ったら2007Fが普通の田無止まりで到着したので、折返しの上りを武蔵関1号踏切から狙います。

P7180545
この日は2031Fが4連と組んで急行に入っていました。

P7180548
続いて10分後には2001Fが普通で通過。今回は雲がかからず、綺麗に撮れました。

P7200683
20日は2007F、2001Fが続いて本川越行き急行に入ったので、新所沢の入曽寄りで待構えます。まずは2007F。ほぼ真横の光線ですが、字幕なので種別と行き先はわかります。

P7200687
約20分後に2001F。一瞬早くシャッターを押してしまったけど、なんとか許容範囲です。

P7210717
何度も駅を出入りしていて気になるパンフレットを見つけました。西武のイメージとして今時わざわざ2000系というのは不自然だし、よく見ればオール田の字窓の10連。これ、どう考えてもたまたま来た列車を撮りました、ではないですね。8連の田の字窓が絶滅間近になっていることを承知のうえで狙ったのは間違いないでしょう。恐らくこの担当者はかなりの「鉄」で、今頃は撮り鉄達の反応を確かめ、一人ほくそ笑んでいるのではないだろうか。

P7210701
21日、気になるパンフレットの場所に行ってみました。高田馬場~下落合間の高田馬場3号踏切です。

P7210697
ここは北側に新目白通りが並走しています。パンフレットの写真はもう少し引きつけていますね。

P7210709
この日も時々雲がかかりました。

P7210713
1時間ほと待って2007Fの急行が通過。先行の普通に追いつきノロノロノ運転だったので、余裕で数カット撮れました。

P7280784
28日、武蔵関で1時間ほど待機して収穫なし。上石神井の本屋で少し暇潰ししてさあ帰ろうとしたら、2001Fの上り急行に追抜かれました。井荻で戻って来るのを待ち、拝島行きであることを確認。

P7280793
またまた萩山で迎え撃ち。下りホームからにしたので、まぁまともな写真になりました。この日以降、新宿線の確認はしていません。2001Fについては今のところ横瀬に送られたという情報もないようなので、ひょっとしたらまだ生延びているのかも知れません。

西武鉄道、これでもかの撮影日誌(その4・終)

 6月10日も朝から晴天、飽きずに西武鉄道の撮影に出かけます。

P6109947
今日は萩山に直行。多摩湖線は臨時ダイヤで10・11時台も全線10分ごとの運転だったので、この時点で稼働しているすべての9000系を撮影できました。今年の1月から営業運転に就いた9102編成。

P6109952
昨年10月、4ドアワンマン車として最初にデビューした9108編成。前照灯がLEDになっています。

P6109954
赤い9103編成は今年の3月にデビュー。

P6109958
9105編成は二番手でした。さらに6月17日から9104編成が加わって5編成が揃いました。これでよほどのことがない限り、2000系による代走はないでしょう。中間車30両は思いっ切りよく廃車になりましたが、せめて電動車20両は2000系と差替えてもよかったのではないかと思います。

P6109961
一旦小平に戻り、新宿線で東村山に向かいます。久米川を出て新青梅街道の下を潜ると、線路は仮線に移ります。

P6109962
東側(上り線側)に1線分寄せ、高架工事の用地を確保しています。

P6109966
左から国分寺線が合流して、東村山に到着。

P6109972
国分寺線の運用車両を確認してからもう一度、恋ヶ窪の横断橋にやってきました。今日のお目当てはこれ。2000系の田の字窓ですが、8日に撮影した2027Fとはちょっと違うのです。屋根をよく見てください。田の字窓の象徴ともいえるグロベンがありません。

P6109973
反対側からも1枚。屋根をよく見るとベンチレーターを撤去した跡がうっすらわかります。この編成、実は田の字窓の異端車で、角形の押込みベンチレーター付きだったのです。

P6109975
前回は割愛した交換シーン。上り(左側)はホームの長さがギリギリです。

P6109978
小川に戻って田の字窓の並び。右が屋根のっぺり編成(2033F)ですが、この2本の相違点を2箇所みつけてください。

ひとつはベンチレーターの有無。左は僅かにグロベンが見えています。もうひとつはワイパー。右の2033Fは助士席側(向かって左)にもワイパーがあります。
 田の字窓の異端車は2031F、2033Fの2本があり、1987年度に2代目として登場しています。新2000系が登場する直前だったので、外観、内装などに過渡的な特徴が見られます。数年前にベンチレーターが撤去されたので、ちょっと見には区別がつきにくくなっています。初代は1983年に編成をバラされ、モハは1ユニットずつ2001F、2003F、2005F、2007Fに組込んで8連化され、クハは2連の付属編成に転用されました。

P6109942
田の字窓車の特徴をもうひとつ。ご覧のように車号標記のモハとかクハの2文字が離れています。

P6099939
これは新2000系の標記。

P6109983
2033Fは車内リニューアルを受け、車号標記はプレートに変わっています。これは2031Fや、リニューフルすみの新2000系も同様です。

P6110014
11日はまたまた池袋線へ。まずは中村橋で小一時間ほど撮影。メトロ7000系はそろそろ8連も危ないので、ベストポジションではなくても撮っておきます。

P6110023
40000系で石神井公園まで移動。運転室仕切りの手摺りの形がおもしろい。扉位置の偏心加減はメトロ車と似ています。

P6110028
この形式に限らず、座席が迫り出している分だけ通路が狭く、ラッシュ向きとはいえません。

P6110031
1日おいて7001Fと再会。保谷行きだから戻ってくるまで待とう。

P6110034
待避時間を利用して車内も撮影。6000系もそうですが、前方の見通しは非常に悪い。

P6110036
冷改車なので天井の両脇にダクトが通り、扇風機も残っています。

P6110039
初期車と増備車での窓高さの違いや、妻面の超広幅貫通路を埋めた跡などがわかります。方向幕は連結面を挟んで左に列車種別、右に行き先を表示する計画でした。リニューアルで左は車外スピーカーが設置されています。

P6110055
20分ほどで保谷から戻ってきました。

P6110064
こういうカットは仕事上で結構使い道があります。6157Fとはよく出会いますね。13時近くなったので、今日はこのあたりで引上げよう。

P6110071
練馬まで戻って来たら下りホームに2063Fが豊島園行きで止まったいました。一駅なので10分ほどで折返してきました。ホームドア越しに1枚。

P6110072
出発したところを後追い。障害物があるけど2個パンタの状態がわかる写真としては合格でしょう。この2063Fは行き先表示が幕式、補助電源もMGということで、この8月に廃車となるようです。

 これで当面の目標は撮影できたので、5日連続の西武鉄道撮影はひとまず打切りとします。 

西武鉄道、これでもかの撮影日誌(その2)

 このところ「もう撮りたい車両がない」、「近頃の車両は移動の道具になっていてつまらない」などと呟かれているブログをよく見かけます。だいたいは「鉄」活動のピークが国鉄時代だった方だろうから、もうそこそこ老成して解脱の境地に達しているのでしょう。考え方は人それぞれですが、今時の鉄道だってそんなに無味乾燥なものではないと思うのです。
 私は解脱どころか今でもミーハー気分が抜けきらないので、どうこういっても鉄道趣味の原点は車両だろうと考えています。昨今のわけわからん顔付きの電車だって、よくよく観察すれば突っ込み所はいくらでも見つかるし、「最近の車両の形式はわからん」なんていっていたら脳ミソはますます固まってしまいます。読書百遍、意自ずから通ず。わからん電車はまず百編乗ってみましょう。といって自分の行動を正当化しつつ、西武の撮影は続きます。

P6079781
2000系の田の字窓車は屋根にグロベンが乗っています。モハ63以来お馴染みのやつで、モハ90の量産車がグロベン乗せて出てきた時のガッカリ感は、今でも忘れられません。そんなグロベンも今や絶滅危惧種の仲間入りして、首都圏で見られるのはこの田の字窓車だけ(だと思う)。ならばグロベンがはっきり見えるようなアングルで撮れる場所はどこかと1週間考え、6月7日の午後、東伏見~西武柳沢間の横断橋に来てみました。
 写真の上が東伏見、右が東伏見公園で、線路の下を道路が通っています。肝心の線路の上は覆いがあり、こんなアングルが精一杯。はっきりいって「ダメだこりゃ」です。

P6089799
東伏見がダメならこちらはどうだと、翌8日に出撃したのは井荻。跨線橋の窓が開けられるのでこんな具合に撮れます。う~ん、模型の参考写真ならいいけど、列車写真としてはおもしろくない。これは2007Fの下り寄りに2連が付いた10連で、30分くらいしたら拝島行き急行で下って行きました。ならばまたあの場所で待ち構えよう。

P6089818
小川~東大和市間の小川9号踏切。1日に来た12号踏切の少し手前で、条件はこちらの方がよいのですが、前回は三脚を立てた先客がいたので諦めました。渡った左側は自動車教習所、右側は栗の木が植わっています。多摩地区は栗の栽培が結構盛んなのです。電車を待つ間は日陰に入れるのがありがたい。

P6089816
来ました。列車写真としては及第点だけと、グロベンがほとんど見えません。

P6089820
小川に戻り、国分寺線で2駅目の恋ヶ窪に来ました。さきほど小川で2027Fが動いているのを確認していたので、こいつをバックに見えている横断橋から撮ろうというわけです。

P6089825
約20分後に東村山から戻ってきました。グロベンばっちりです。ちょうど真っ昼間だけど薄~い雲がかかり、側面もそんなに潰れずにすみました。

P6089826
振返って1枚。交換するのは新2000系です。屋根上に拘らなければ頭を揃えたシーンの方が絵になりますね。もちろんそれも撮影していますが、ここでは割愛します。

P6089843
小川の定番スポットでもう1枚。グロベン強調で私としては高い位置(目の高さ)で構えました。後1両に影が落ちているのは目を瞑ろう。

P6089852
東村山で乗換えて所沢に向かいます。狭山線西武園線が左に離れた所で、高架工事のため東側に1線分寄せられています。

P6089859
所沢の新宿線下りホームにある狭山そばて腹ごしらえ。なんのかんので14時近くになっていますが、私の昼食時間としては定時です。かき揚げそば430円、可もなし不可もなしで、トッピングが七味しかないのが減点対象になります。食べ終わった頃に天気予報どおり空模様が怪しくなり、このまま帰ろうかと思っていたら2063Fの池袋行き各停を目撃しました。さてどこで待受けようか。

P6089861
パンタがよく見える所はここだろうと見当をつけたのは大泉学園。島式ホームなので被られる心配はないけど、架線を吊るビームが邪魔しています。ホーム先端なので屋根はないし、ポツポツ降出してきたので場所を変えます。

P6089864
1駅移動して石神井公園。予想より早めに戻って来ました。いろいろ邪魔者があってベストポジションではないものの、一応パンタが6個上がっているのはわかります。

P6089867
先が短いメトロ7000系がきたので下りホームまで走り、後追いを1枚。感度を800に上げ、f5.6、1/250秒です。スピードが出ていないからほとんどブレもなく、3色LEDも読取れます。15時を過ぎ、天候は回復しそうもないので、練馬からバスで帰宅しました。

*もうごく一部の西武ファン以外は食傷気味と思いますが、まだ続きます。 
プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 仲間が増えた
  • 仲間が増えた
  • 仲間が増えた
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ