モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

鉄道関連

3年ぶりのJORC関西運転会(その3)

2日目(10日)の午後になります。名古屋の道路を知り尽くしたシグ鉄さんの運転で、11:45に名駅の近鉄乗り場前に横付け。おおっぴらにクルマを止められる場所ではないので、挨拶もそこそこにお別れです。

P6106999
近鉄は新幹線側という思込みがなかなか消えませんが、実は名鉄のとなりなのです。ファミマで食料を仕入れておきます。

P6107001
乗るのは当然これです。

P6107002
11:53に入線、となりにアーバンライナーが止まっていました。

P6107005
ひのとり62号ではなく、ひのとり62列車なのです。

P6107006
ひのとりのエンブレム。もうそんなに珍しくなくなったのか、写真撮っているのは私だけでした。

P6107015
特急券は前日に手配しておきました。前から2両めの進行右側、ほぼ真ん中あたりです。株主優待乗車券はシグ鉄さんからの頂き物、重ね重ねありがとうございます。

P6107011
発車寸前に覗いたプレミアムカー。座席はアーバンライナーのデラックスカーより豪華な感じです。

P6107029
こちらが一般車、割とおとなしめの感じです。窓上の座席番号脇に空席は青、指定すみは緑のLEDが点灯します。

P6107023
なんとなくネタにしたくなる表示。

P6107027
前面展望はこんな感じ。左右の柱が太いので、視界は思ったほど広くない。

P6107031
伊勢中川の短絡線を通過。

P6107040
これは長谷寺あたりかな。山裾を走る線路から下に広がる集落を見下ろすという、いかにも大阪線らしく、お気に入りの光景です。

P6107048
間もなく鶴橋、終点まで乗ってもいいけど、ここで降ります。

P6107053
ホームの端で難波14:00発のひのとりを狙います。黒っぽくってメタリックが入った塗色は非常に撮りにくい。

P6107061
10分後には賢島行きの特急。

P6107062
14:18、三宮行きの快速急行に乗ります。難波の次の桜川で阪神電鉄の乗務員と交代しますが、車掌からの発車合図もチンチンからジャンジャンに変わりました。ここまでやるんかい。阪神車はどうなのか、確認しないといけません。

P6107063
5月末で閉店した日本で一番小さいファミリーマート。ホーム中程まで戻る時間がなかったけど、発車した車内から撮れました。

P6107064
芦屋で直通特急に乗換え、さらに御影で普通に乗換え。残り少なくなった青胴車にあたりました。

P6107069
岩屋で下車。これを写しておきたかったのです。

P6107073
本来の改札口は三宮寄りで、もう線路は地下に潜っています。県立美術館の最寄り駅ということで、看板のバックがアートっぽいのか。

P6107076
ちょいと山寄りのJR灘駅まで歩きます。目指す摩耶山のケーブル下までは三宮からも市営バスがありますが、1時間くらい間隔があくこともあり、まともにお付き合いできません。ここからなら20分ごとなので頼りになります。

P6107077
こんなかわいいバスが来ました。運賃は210円、交通系カードは使えず、現金払いです。

P6107078
阪急神戸線を越えたらこんな坂道。道幅も狭くて、普通のバスは走れません。

P6107082
15分ほどで摩耶ケーブル駅に到着。周りは普通の住宅街です。

P6107084
ケーブルカーも20分ごとの発車。ケーブルとロープウェイをまとめた往復乗車券は1560円でした。

P6107104
木立の隙間から神戸市街が見えてきました。

P6107108
ロープウェイに乗換え、さらに上を目指します。

P6107121
お決まりのカット。半端な時間のせいか、ケーブルカー、ロープウェイとも乗客は4人でした。

P6107129
標高702m展望台から。東側を見たところで、右上のアーチ橋が六甲アイランドに渡る高速道路、遠くに霞んでいるのが大阪の夢洲、舞洲あたりでしょう。

P6107134
上の画像の左半分のアップ。〇囲みは阪神電鉄の住吉、矢印がJR線で住吉~六甲道の中間あたりになります。以下、画像は少し大きめにしているので、興味のある方は拡大してみてください。

P6107136
〇囲みは阪神の大石で、山陽の3050系が停車中。矢印はJR線でEF210が牽く上りのコンテナ列車が走行しています。

P6107161
真っ正面はポートアイランド。その奥の神戸空港は4時間近くいて飛行機の発着はまったくなし。

P6107131
〇囲みは阪急の王子公園で9000系らしきが停車。

P6107137
上の画像のアップ。左下が王子公園のトラック、右が動物園などがあるエリアで観覧車が見える。赤い屋根が続いているあたりは摩耶ふ頭。

P6107150
こんなカットも狙える。

P6107159
日暮れまでの時間潰しに付近を歩き回ります。天上寺は17時に閉門で、係員が門扉を閉めて引上げるところでした。

P6107178
19:00、なかなか暗くならない。まだかなり明るいので、-1段補正してみた。

P6107181
19:14、カメラのモニターはかなり明るく見えたので-1.3の補正。パソコン画面では少し暗くなっているので、補正は0.7くらいでよかったのかも知れません。

P6107185
夜景目当てにだいぶ人が集まってきました。西から東に雲が流れるし、海から吹き上げる風はかなり寒かった。

P6107187
19:22、これは-2.3でちょっとやりすぎです。モニターはかなり明るかったので騙されました。

P6107193
19:28、ほぼ暗くなった。補正は-2.3なので、画像処理で少し明るくしています。

P6107195
同時刻で露出はカメラ任せ。こんなに全体が明るくはないけど、絵的にはこのくらいの方が見栄えはすると思う。

P6107205
19:49、ケーブルカーのホームからで-0.7補正。1/5なので少しぶれているけど、これが一番見た目に近かった。

P6117214
坂バスは王子公園で降り、阪急に2駅乗って三宮へ。本日のねぐらは神戸クアハウス。これは翌朝の撮影です。

P6107210
1泊4800円のデラックスカプセル。個室の中にカプセルがあり、カプセルは上段を使用。天神の湯のような1段タイプではないから天井は低い。一応プライバシーは保たれるし、風呂、サウナは入り放題、駅から歩ける距離だから、まぁ値段相応といえるでしょう。
 さぁ、明日はいよいよ本命の運転会だぁ。

3年ぶりのJORC関西運転会(その2)

寄り道旅2日目(10日)の前半になります。名古屋に来たらシグ鉄さんに挨拶しないで素通りはできません。事前に打合わせをして「それなら赤池のレトロ電車館に行ってみようか」となりました。集合はホテル前に8時、無料の朝食でたっぷり腹ごしらえをして7:50にチェックアウト。目の前に指定のクルマが止まっていて、2017年夏以来5年ぶりの再会となりました。

1 5000 P6106841
レトロ電車館は10時オープンなので、ちょっと回り道をお願いして名鉄とJRを撮影します。場所はJR熱田駅ホームの向かい、クルマが来ない不思議なスペースがあり、以前もここで撮影したことがあります。名鉄は金山(画面の右奥)~神宮前館が複々線で本線、河和線、常滑線、犬山線系統の全列車が走ります。デジカメだから枚数を気にせず、入れ食い状態の列車をすべて記録しておきます。*写真は撮影順。
これは5000系の8連。1000系パノラマスーパーの足回りを流用しているので他の形式とは併結せず、ラッシュ時は4+4の8連になっています。

2 9500+3150 P6106844
9500系+3150系。9500系は最新の形式で、だいぶいかめしい顔付きになってる。

3 P6106846
2200系+3150系。2200系は特別車と一般車の窓高さが揃っていない。

4 P6106848
313系5000番代+300番代。5000番代は313系で唯一の6連固定、車両間がダンパーで結ばれている。

5 6500+6800 P6106854
6500系+6800系。鉄仮面と呼ばれ、6800系も初期車にこの顔がある。

6 3100+9500 P6106855
3100系+9500系。3100系は3700系とともに鋼製車体で最後の形式。一部は2200系に合わせた塗色になっている。

7 3300+3500 P6106857
3300系+3500系。どちらも4連固定だが、3500系は8M1C、3300系は2M1C×2のデュアルモード方式。

8 3500 P6106861
3500系。一般車では最も両数が多く、VVVFで120km/h運転が可能な万能車。ドア脇のスペースを広く取ったので座席が少ない。

9 P6106863
パノラマスーパーで3両目にトイレがあるから1000系。増結は1800系なので8連でも外観が揃う。

10 P6106864
空港行きの2000系ミュースカイ。塗装のせいで2200系より車体が短く見える。側面のドアは折り戸のように見えるが両開き。

11 6000 P6106868
6000系。窓が開閉式になったのは5次車(6018F)以降から。

12 P6106877
311系が来た。もう廃車が始まっているから、少々アングルが悪くても撮っておこう。

13 6800×2 P6106881
6800系の2+2。この形式の大量増備でHL車が一掃された。

14 P6106883
JRでも2+2の4連(313系1300番代)がある。しかも2個パン。

15 P6106885
311系と313系の併結。こんなのは朝しか撮れない。

16 2200・3300 P6106888
複々線でもなかなか並走は撮れない。2200系と3300系。

17 3500+3150 P6106895
3500系と3150系。車体断面の違いがわかる。3500系までは車内の吊り手が天井に直付けになっている。

18 P6106899
311系はしつこく撮る。

19 P6106912
しらさぎの683系は熱田の側線でしばらく昼寝。

20 6000+6500 P6106919
6000+6500。原型(固定窓)の6000系はだいぶ少なくなった。

21 P6106921
桃太郎が来た。貨物列車はこの1本だけだった。

22 3500・6500 P6106929
左=3500系、右=6500系。3500系はスカートが付き、電気指令式ブレーキであることを区別するため、向かって右の前照灯上にECBのエンブレムが入る。

23 P6106931
またまた311系。結構来るもんだ。

24 9100 P6106938
9100系の2本併結。

25 3100 P6106940
3100系。9時を過ぎれば本線でも2連の普通が走るのが名鉄。1時間20分ほど粘っても3700系は来なかった。4連5本の少数派で3500系と共通運用だから仕方ないでしょう。シグ鉄さんのクルマに戻ってレトロ電車館に向かいます。

P6106952
30分ほどで到着。地下鉄鶴舞線日進工場の敷地内にあります。

P6106953
これは2連シールドのカッター。

P6106956
入場無料、市電の1400形、2000形、3000形、地下鉄東山線の100形2両が展示されています。

P6106962
1400形の台車。左の付随軸の車輪が少し小さいのは出入り口の床面を下げるためで、マキシマムトラクション台車ではない。

P6106969
連接車3000形の車内。市電の連接車はこのほかにも2600形、2700形があり、私は2600形しか見たことがありません。

P6106972
3000形の照明は管球(変な日本語だけど)。嵐電や阪神の小型車もこれでした。小型の蛍光灯に間違えられることもあるけど、白熱電球です。

P6106977
2000形の車内。静かで乗り心地のよい車両でした。

P6106976
空気ブレーキも操作できるマスコン。これはブレーキ最大の位置。乗った時は知識がなく、マスコンの操作は見ていなかった。マスコンに気を取られて外観を撮るのを忘れた。まぁ撮りにくい位置ではあったけど。

P6106995
名古屋で最初に走った地下鉄。これは乗ったことがある。右奥にいるのが2000形。

P6106966
100形の台車。直角カルダンと弾性車輪がよくわかる。1時間弱で隅々まで見終わって退館。車両の写真は少々撮りにくいけど、屋内だから良好な状態で保存できるのは長所です。もう一度来られたら2000形の外観をしっかり撮ろう。

P6106998
名古屋駅に向かう途中、ひとつ無理をいって南方貨物線の遺構が見える所に寄り道していただきました。近鉄名古屋駅の入口でお別れ。限られた時間で無駄なく動けたのはシグ鉄さんのおかげです。ありがとうございました。

3年ぶりのトレインフェス(オマケ編)

トレインフェスタは前設と合わせて2泊するわけで、もう10年以上、近くの温泉施設「天神の湯」を利用していました。ところが、コロナで客が減ったので施設の更新ができなくなり、今年の3月いっぱいで廃業。やむなくネットで格安のホテルを検索しました。

P5156361
これが2晩お世話になったキヨナミホテル。JRの清水と静鉄の新清水のほぼ中間なので、どちらからでも5分ちょいで行けます。

P5136235
禁煙、シングルの素泊まりで1泊4800円。ごく一般的なレベルで、フロントの対応はよかったから85点くらいかな。

P5146356
JRの駅からホテルの近くまで続いているアーケード。造りは立派だけど、まぁまぁ活気があるのは駅寄りから50mくらいで、20時を過ぎれば人通りも疎らです。食い物屋は居酒屋とエスニック系の少々怪しげな店しかありません。私が利用できそうなのは駅前にあるサイゼリアと吉野屋くらいなので、3日間とも晩飯はサイゼリア、朝飯は吉野屋となりました。サイゼリアは意外と定食的メニューが少ないのですが、ドリンクバーに惹かれての選択です。吉野屋は牛丼ではなく14日は親子丼、これがなかなかおいしくて、437円はお値打ちです。
 昼飯はというと14日は会場内で販売している駅弁を早めに買っておきました、しかし、鯛飯がいつの間にか800円になっていて、いくらなんでも付き合いきれません。15日は会場の前にあるコンビニの弁当にしました。

P5146359
14日に近所のセブンイレブンで買った夜食。明らかにご当地メニューですね。

P5146338
14日は午後から天気が回復しました。これは夕方に東静岡駅の自由通路から見た富士山。

P5146340
13日は清水までJRを利用したので、14日は静鉄に乗りました。昼間は長沼車庫が公開されたそうで、左のブルーの編成の奥に名物のデワがちらっと見えています。こいつは何度か撮影しているけど、今年は塗替えて綺麗になっています。来年は昼飯時に抜出して撮影しておきたい。

P5146345
土曜の夕方だから車内は空いています。乗ったのも擦れ違うのもすべてA3000形でした。左の電柱のR50はカーブ半径ではない。

P5146350
新清水駅は2面2線、かつては左に市内線につながる線路がありました。

P5146355
こちらがJRの清水駅に通じる道路に面したメインの改札口。近くにファミレスがないかという期待は見事に裏切られました。左にファミリーマートがあるくらいで、見事に寂れています。市内線があった頃はもっと活気があったのですが。

P5156377
15日は朝から晴れたので7時前にホテルをチェックアウトし、まずは朝飯前に新清水の手前で巴川を渡る静鉄を撮影します。ここは川の左岸で海抜1.4m。ガード下のクリアランスは1.8mしかありません。

P5156366
1本目。奥のトラス橋が東海道本線で、たまたま313系が被りました。

P5156367
少し離れるとサイドビューが撮れます。

P5156370
次はちびまるこのラッピング編成。鉄橋の真ん中に架線柱があるので、これを避けると2連はなんとかギリギリに収まります。

P5156373
日曜の朝でも電車は7分半ごとに来ます。緑はお茶のイメージ。

P5156376
ピンクは桜エビのイメージなのだそうです。

P5156384
黄緑は山葵。そろそろ腹も減ってきたけど、運用が一回りするまで粘ります。

P5156387
黄色はみかん。

P5156393
リトルマーメイドのラッピング編成で一回り。さぁ、JRの駅まで歩いて朝飯だぁ。

P5156395
駅への途中の踏切で1枚。東京寄りから311系+211系というのが標準的な編成です。

P5156398
吉野屋で朝食をすませ、次は草薙で朝練の続き。乗ってきた電車が発車する寸前に371系の特急「ふじかわ」が通過しました。

P5156401
313系+211系。

P5156402
211系の3連。そろそろこれも真面目に撮っておかないといけません。

P5156403
313系の3連。平日なら6連なのでしょう。ここで下り列車から降りてきた顔馴染みのToQOBとご対面。もう少しあとに来る上り貨物の牽引機がEF210の901だよと教えられたので、乗る予定の列車を1本遅らせます。

P5156404
下り列車の被りもなく、きっちり撮れました。これで朝練を終了し、グランシップに向かいます。

吉祥寺駅南口もかなり凄い

またまたバスネタです。前回の綱島とは少し事情が違いますが、吉祥寺駅南口もかなり凄いことになっているのです。

P4306085
吉祥寺駅南口、KEIOのロゴが目立ちますが、JRとの共同使用駅です。北口は駅前広場があるけれど、南口は狭い通りに面しているだけで、目に付く所にバス乗り場はありません。撮影したのは4月30日、ゴールデンウィークに入った土曜の昼頃なので、行楽客でいつもより賑わっています。

P4306082
駅前通りは西から東(画面の右から左)への一方通行で、バスは客を降ろすだけ。正面の細い道の先が井の頭通りで、そこにバス乗り場が集約されています。

P4306055
井の頭通りから駅を見たところ。この細い道が井の頭公園へのメインストリートになるので、人通りは多い。背後のマルイの5階にセリアが入っているので、例のコンテナを買いに何度か来ています。

P4306053
井の頭通りに沿って東側から2~8のバス乗り場があります。行き先は武蔵境、調布などで、調布駅北口行きは経由地の違いで3系統あります(画面は拡大できます)。

P4306057
マルイの前からは3から8までの乗り場が見通せます。歩道はそんなに広くないので、雨の日なんかは傘がぶつかり合うことでしょう。

P4306058
右(東方向)を見たところ。京王井の頭線がオーバークロスしています。

P4306059
左(西方向)の先で中央線とクロス。その昔は踏切でした。バスは大部分が小田急バスで、京王線の調布に行く系統も京王バスは1系統だけです。

P4306062
カメラの位置の右側が8番乗り場で、ここまでだと駅からは歩いて5分弱かかります。

P4306061
8番乗り場の前あたりから駅前への道が分かれます。両側は居酒屋、ラーメンや、焼肉屋などが建ち並び、昼間でも人通りは多い。

P4306064
その細い道にバスが入って来ます。ここだけでなく途中数箇所に誘導員が待機しています。

P4306070
信号が変わったタイミングでそれっとばかりに数台がつながって来ます。

P4306075
昼間は飲食店への納品のトラックなんかが止まったりしています。

P4306078
忠実に職務を遂行している誘導員の脇で、お目当てのラーメン屋はこのあたりかな、なんてスマホをいじくっている人もいます。

P4306074
駅を目前にして足踏み状態。朝なんかは車内でやきもきしていることでしょう。

P4306097
右に降車場の標識が見えますが、先頭のバスはできるだけ前(東)寄りに停車します。

P4306094
一度に降車できるのは3台くらいです。

P4306083
客を降ろしたバスはすぐに発車。井の頭通りの乗り場に向かいます。再開発で広場ができ、商店街とバス通りが分離された北口に対し、南口は旧態依然のまま。再開発の計画はあるのかも知れないけど、数多くの飲食店を立退かせるのは簡単ではなさそうです。

綱島駅のバス乗り場

東急電鉄東横線の綱島、渋谷から行けば鶴見川を渡る手前の駅で、横浜市港北区になります。急行停車駅ですが特急は止まりません。かつては綱島温泉と称していた時代もあり、温泉旅館はちょいと訳ありな男女の利用が多かったとか。そんな昔の話はさておき、今回は駅前のバス乗り場に注目してみます。

P4276040
相変わらずのいい加減な略図ですが我慢してください。綱島は東口(画面下)、西口とも駅前広場といえるスペースはなく、バスはすべて東口から発着しています。丸囲みの数字が乗り場の番号で、2~6は高架下になります。

P4125732
5番乗り場のあたりから横浜方向を見たところ。庇が出っ張っている所が改札口で、到着したバスはここで乗客を降ろします。

P4125805
改札を出て右はタクシー乗り場になっていて、客待ちのタクシーが並んでいます。その横をバスがひっきりなしに通るわけで、当然、この道は一方通行。さらに7~9時は路線バスとタクシー以外は乗入れ禁止になります。

P4125777
改札口から左を見たところ。高架下のスペースをうまく利用しています。

P4125768
乗り場案内。1~5は東急バスで、大部分は東横線の西側に向かい、5番の日吉駅東口行きのみが線路の東側、綱島街道を走ります。6・7番乗り場は13・59系統が横浜市営、そのほかは臨港バスになります。川崎駅西口行きは横浜市と川崎市に跨がり、運賃は川崎市内だけなら210円、両市に跨がる場合は220円となります。川崎市も運賃値上げを申請しているので、これが通れば10月からは全線220円になります。

P4125761
高架下の左端は業務用スペースで0番となっています。

P4125759
高架橋の間隔は同一ではなく、4番乗り場はかなり狭い。

P4125746
一旦右に突っ込んでからバックで乗り場に据え付けます。

P4125747
4番乗り場に入るのはハンドル捌きも慎重になります。

P4125754
横浜市営と臨港バスが間を開けずに到着。さぁどうする。

P4125757
6番乗り場だけは2台並べるスペースがあるので、先に止まっていたバスを早めに発車させるなどして遣り繰りしています。

P4125770
2~6番乗り場への通路は高架下なので、雨でも濡れる心配はありません。

P4125773
客待ちスペースもそそこそこ確保されています。

P4125774
4番乗り場だけはかなり厳しい。

P4125823
7番乗り場だけは高架下から離れているので、本来の降車スペースの手前で右折。

P4125807
止まれる所で止まって客を降ろします。

P4125783
その先にバス1台ぎりぎりのスペースがありました。

P4125785
十字路の隅切り部分にかかってなんとか収まっています。

P4125780
もう次のバスが来ています。発車したバスは斜め手前に進んで綱島街道に出ます。

P4125682
駅前通りへのアプローチ部分もなかなか凄い光景が展開しています。駅の横浜寄り、綱島街道を左折する臨港バス。

P4125697
反対側からは東急バスもひっきりなしに来ます。

P4125688
右折する横浜市営バス。

P4125690
左折する東急バス。

P4125692
そして駅前通り。一応歩道はあるけど、朝夕は大変そうです。
P4125712
駅の東側、横浜市営、臨港バスと東急の日吉駅行きは右折。それ以外の東急バスは左折します。ここから綱島街道までは一方通行です。

P4125703
左折して綱島街道に入る日吉駅行きの東急バス。

P4125704
川崎駅西口行きの臨港バスは右折。

P4125706
その角に臨港バスの定期券売り場があります。なんでわざわざ乗り場と離れた所にあるんだろうか。

P4125700
綱島街道に面して東急新横浜線の工事現場。このあたりが新綱島駅になるのでしょう。

P4125702
来年3月の開業が楽しみです。開業後も新横浜駅行きのバス路線は残るのだろうか。
プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ