モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

0番

コンテナ貨車を作る、今度はホギー車だぁ(その2・完)

 家の外に出ない、靴を履かない生活が1週間。今朝で出された薬も飲みきりました。これで一件落着となるものなのか、一抹の不安も残りますが、いまのところ大丈夫のようです。幸い倦怠感はなく、体は普通に動くので、そこそこに模型工作も進めています。

P8067882
先週の土曜(6日)はこいつに働いて貰い、コンテナ貨車の塗装をしました。ぬか屋さんのと同じメーカーですが、こちらは昭和50年代に買ったもので、エアタンクはありません。消費電力は110W、最高圧力は3kg、水抜きフィルターを入れているので、実際には2kgくらいの圧力になります。

P8067880
塗装の前にこんなものを準備しました。

P8067884
こうすれば台車を満遍なく塗装できます。3本作ったのはEF65の台車を塗るためです。

P8067886
黒はのりがいいから4・5回吹けば十分です。クリップで咥えているのは連結器と玉電用のエアホース。EF65用を転用したのですが、これを本来の用途に戻し、新たにU-TRAINで仕入れた貨車用でそれらしくまとめました。ラッカーは艶があってテカテカなので、最後に艶消しのアクリル塗料で少し控えめの調子に仕上げています。

P8067887
貨車本体はラッカープライマーを吹くだけ。車体裾に貼ったプラの角棒は溶けずに無事でした。昼前から始めた作業は15時過ぎに終了。1両だし塗分けがないから楽勝です。

P8077890
車輪はタミヤのエナメル塗料を筆塗りしておきます。

P8077891
台車の車輪入れはちょっと面倒です。台車枠のバネを抜いた部分に枕梁を差し込むのですが、入ったと思うと車輪が抜けていたりで、知恵の輪みたいです。

P5016104
片方の台車は下の部分の形が悪く、別材で作ったパーツを接着しています。これを忘れて枕梁を嵌込むのに力をいれたら、見事にバラけました。接着はロックタイトがよいのですが、在庫品は固まってしまい使い物になりません。買い物に出るわけにもいかず、手持ちのスーパーXを使いました。こいつは最低でも24時間おかないと完全に硬化しないので、それまで車輪入れはできません。

P8077893
台車の接着を待つ間に玉電のエアホースを所定の位置に接着。赤のプラ塗料は顔料が分離してうまく塗れません。これも買い物に出られるようになったら仕上げます。

P8087895
1日おいて台車の接着を確認してから車体に取付けます。水平は狂っていません。カプラポケット部分の継ぎ目がうっすら見えますが、コンテナを乗せればほとんど目立たなくなります。

P8087898
コンテナを取付けました。ネジ止めなので乗せる位置も決まっています。

P8087899
デッキのある側から。こちらが1エンドになるのかな。

P8087901
反対側から。インレタにカタカナの「コ」がなくなったので、車号を入れるのはしばらくお預けです。

P8087902
ハンドブレーキが見せ場だけど、編成の中間に入るのであまり目立たないのは残念。

ということで、ミニたから号は機関車を入れて5両になります。19日からのJAMでお披露目となるはずですが、私が全日参加できるかは微妙なところです。

セミスケールのコンテナ貨車を作る(その1)

 今年中には完成となるはずのEF65、さて牽かせるものはどうしよう。昭和50年代という時代設定なのでブルーのタキ43000が一番ぴったりなのですが、自作するのはかなり大変。車種はなんにしても最低10両は欲しいから、そうなると財布にやさしく、そこそこ見栄えがするのはセリアのコンテナを使ったセミスケールものしか考えられません。

P7167705
車体は木と紙でなんとかなるけど、台車と車輪はちゃんとしたものを使わないといけません。で、16日の午後、はぐるまやに行ってみました。貨車用台車は2種類あり、集電シューのないタイプは1両分で税込み2420円。なかなかよいできで車輪もそんなにハイフランジではないし、今時車輪4軸だって2000円じゃ買えません。これならちょっと無理すりゃ10両分買えるなと思ったら、なんと在庫はこれだけで、メーカーのアトラスに発注のメールを出しても反応なし。HPも最近は更新されていないそうです。アメリカでも鉄道模型の先行きはあまり明るくないとかですが、いずれ再発売されることに期待するしかなさそうです。

P7167712
金型は3線式と共通なので、台車マウントのカプラー取付け台が付いています。そのままでも構わないけどなんとなく目障りなので切落としました。重量は車輪込みで約60g、手持ちのアルミダイキャストより10gくらい重くなっています。

P7187713
仮の床板を切出し、上心皿の高さ(厚み)をどのくらいにすればよいかを確認します。1mmのスペーサーを噛ませればフランジの床板への接触は避けられます。センターピンの穴は4.5mmと半端だったので5.2mmに拡げ、ピンは3mmネジに外径4mmと5mmのパイプを被せて段付きビスとしました。

P7187719
床面高さはショーティのボギー車より1mm弱高いくらい。まぁ問題ないでしょう。

P7197721
20フィートタイプ3個積みとするための材料を揃えました。シナベニア(4mm厚)は600×450で650円、375mm長の床板を10両分切出してもオツリがきます。平板は1mm厚の15mm幅で、魚腹型フレームにぴったりの寸法です。

P7197722
52mm幅の床板の側面に魚腹型フレームを接着します。木工ボンドだと薄板は水分を吸って反り返ったりするので、今回はボンドのウルトラ多用途を使いました。

P7237809
横梁を接着して台車を仮止めしました。奥のミニボギー車は270mm、セミスケールは375mmなのでかなり長い。

P7207724
20フィートタイプを3個乗せてみました。これは実物に換算すると18フィートくらいで、少し短めになっていますが、不自然な感じはありません。

P7207726
12フィートタイプ(国鉄コンテナを除く)はスケールどおりの長さで、これだとコキ5500の12フィート積み改造車に相当します。JRFのコンテナは機関車の時代設定と合いませんが、見栄えがするので細かいことは無視しましょう。セリアのコンテナもいつ製造打切りになるかわからないから、今のうちに必要数を確保しておかないといけません。

コンテナ貨車を作る、今度はボギー車だぁ(その1)

4月にデビューしたミニたから号、肝心のコンテナ車が2両ではちょっと寂しい。セリアのコンテナに新タイプが加わったことに後押しされ、1両増備することになにりました。同じものを作るのも芸がないので、今回はボギー車です。

P5046147
コンテナは3個積みとして車体長は270mm。チャンネル状のフレームを表現するため3mm板の上に1mm板を張り、これを左右1mmずつ出っ張らせます。側の魚腹型フレームは1mm板から切出して垂直に接着しました。天板の1mm板は30mm幅しか手持ちがなく、2枚を継いでいます。

P5046153
膨らんだ部分は1mm厚のアルミアングルで補強しておきます。

P5066156
下側は1mmのプラ角棒を接着。このあと、中央部に縦のリブ2本を追加しています。

P5016104
台車は手持ちのアメリカタイプを使います。昭和20年代後半の製品で軽いからアネミダイカストなのでしょう。枕バネのコイルは細すぎて実感的ではないので、自作のバネに取換えます。1台車分は枕バネ受けの部分にヒケがあったので、真鍮板から作り直します。

P5106178
オリジナルはバネの端を折り曲げてフレームに差し込んでいました。これではバネ位置が不安定なので、2mmネジの出っ張りをバネ座にします。ネジの右はナベ、左は皿、どちらも頭の出っ張りが目立ちます。

P5106184
エコーモデルの低頭ビスを使ってみました。

P5106181
皿もみしなくてもほとんど目立ちません。頭の径をもう少し小さくしたいところだけど、ネジ同士がぶつかることもないのでそのままにしておきます。

P5106182
実際にはもっと上から見ることが多いので、ネジの存在は無視できます。

P6046573
コンテナを乗せたところ。実はこのコンテナ、左の2個(6000形)は10フィート、右のC21形は12フィートなので、6000形の長手寸法が13mmほどオーバースケールなのです。

P6307469
連結器高さを調整します。

P7057533
カプラーポケットの構造は2軸車と同じ。切欠いて高さを調整し、上の隙間は2mm板で塞ぎます。

P7067536
パテ盛りしたらペーパーかけ、サフェーサーを吹いてもう一度ペーパーかけ。金属ならせいぜい数10分の工程ですが、乾燥待ちで2日かかりになります。

P7087556
一端はデッキになるので手摺りを付けます。材質は0.8mmの洋白線、両側のコの字を差込んで高さを決め、それに合わせて真ん中の2本をハンダ付けします。

P7087554
ハンドブレーキらしきものも作ります。アングルは0.3tから自作。ハンドルはOER3001さまのアイディアをいただき、ホックの凸側を使いますが、ネタバレしないよう少し加工しています。

P7087558
まぁそれらしく見えますね。アングルは2×2では少し目立ちすぎかな。

P7097560
操車掛りが乗り降りするところだからステップも必要です。このタイプは足乗せ部分の水平を出すのが結構面倒なので、今後の量産車には採用しません。

P7097562
1.4mmビスで止め、瞬間接着材で固めておきました。

P7097570
台車とのクリアランスも問題なし。

P7097576
台車の回り止めも忘れずに。

P7097594
昨日(9日)撮影。

P7097595
ここが見せ場かな。

P7097602
まぁ無難にまとまったと思います。1日たってからじっくり眺めても特に不備な点は見つからず、あとは塗装を待つばかりとなりました。

絶縁車輪の改良

コンテナ貨車とヨ5000は2線式でも運転できるよう、車輪を絶縁しました。そして5月7日に小池さんのレイアウトに乗入れしたところ、ヨ5000が時々ショートしているようで、早々に運用離脱となりました。帰宅後テスターをあててみると1軸が導通しています。しかし、軸受けから外して車輪だけにしてみると導通の反応はないのです。

P4195911
これが 問題の車輪、軸をぶった切り、絶縁体のパイプでつないでいます。切ったあとは少しヤスって十分な絶縁空間は確保されているのに何故??? しばらく考え、ハタと思い当たりました。この方法だと車輪と軸は絶縁されていないから、金属車体のヨ5000は軸受けから車体を通して+と-が短絡されてしまうのです。金属製の台車に組込んでも同じことで、対策としては車輪と軸を絶縁しないといけません。無事だった1軸はたまたま塗料で絶縁されていたので、何度かネジを締直したりすれば塗料が剥げてショートしてしまうはずです。

P5086161
絶縁車輪はまだ在庫があるはずとパーツ箱をかきまわしたところ、出てきたのはナット止めなので軸受けの間隔を広げないと使えません。仕方なく、昔のTMSに出ていたタイヤ部分の円周を糸鋸で切り、そこに接着材を充填するという方法を試してみることにしました。1.1mmの休み穴を開け、ひとつおきに1.4mmのタップをたてておきます。

P5086163
こうすればセンターは狂わないはず。この隙間に速乾タイプのエボキシ接着材を押込みます。

P5106186
実際にはネジの締め方の微妙なずれで少し振れが出てしまったものの、実用的には問題なし。表側に盛上がったエポキシはミニルーターでおおまかに削りました。多少の凸凹は残っても色を塗れば目立ちません。

P5136234
トレインフェスタでは問題なく走りました。これにて一件落着です。

コンテナ貨車に車号を入れる

 たから号はヨ5000に車号を入れたので、コンテナ車を放っておくわけにはいきません。

P4215914
引出しを掻回し、こみやのインレタを発掘。買ったのは昭和の時代じゃないかな。試しに右上の値段の数字を一文字転写してみて、まだ使えることを確認しました。いくら昭和時代でも45円てことはありません。

P4215917
貨車のフレーム部分は凹んでいて貼りにくいので、別の紙に転写したのを貼り付けました。このインレタ、貨車用なのに「コ」がないので、ヨの真ん中の横棒を潰してコに見せかけることにしました。最初は転写前にカッターの刃先で削ったのですが、文字全部が剥がれてしまって失敗。軽く転写してから罫書き針でそうっと削りました。

P4215923
切離したナンバープレートの四隅にラッカープライマーで色入れをしていたら、塗料の付けすぎて1枚はコムを塗りつぶしてしまいました。もうヨは全部使切ってしまったので、救済策を考えています。

P4215922
アップした写真で見るとプレートの直角が出ていなかったり、少し右下がりな気もしますが、このくらい距離を置けば気になりません。

P4195906
これで完成ですが、3線式仕様だと運転できる線路が限られるので、車輪を絶縁して2線式でも運転できるようにします。ヨドバシで内径5mmのパイプと5mm径のプラ棒を仕入れました。パイプは透明でなくてもよいのですが、なぜかグレーのより安かったのです。

P4195911
車軸を糸鋸でぶった切り、パイプで繫ぐという最も簡単で確実な方法です。切断する前にバックゲージを測っておき、それに合わせてパイプの長さを調整します。車軸は塗装したのできついかと思ったら、ほんの少し緩めでした。隙間の充填を兼ねゼリー状瞬間接着材で固定します。最初の1本は5mm棒を薄切りにして軸の隙間に挟みましたが、適度な隙間があれば絶縁の問題もないので、2本目からは省略しました。

P4205912
最後の2軸はボンドのウルトラ多用途を併用。駆動力はかからないからそこそこの強度があれば十分なはずです。

P4215935
車輪ともども、黒のエナメル塗料を塗りました。軸が異様に太くなったけど、レールに乗っていれば見えません。これで2線式レールにも乗入れ可能となり、運用効率がアップされることでしょう。
プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ