モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

小田急電鉄

小田急電鉄、ダイヤ変更後の注目点

 3月12日のダイヤ変更で日中に新宿~新松田間の急行がなくなり、これを補充するため地下鉄千代田線に直通する代々木上原~向ヶ丘遊園間の準急が急行に変更されています。準急は千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵、狛江に停車するため緩行線を走りますが、もしかすると複々線区間での急行線と緩行線の本数バランスを保つため、向ヶ丘遊園発着の急行(以下、便宜的に遊園急行とします)も緩行線を走るのではないかと思い、自分の目で確かめることにしました。

P3175019
代々木上原の発車案内。快速急行の後追いで走ります。遊園急行といえば私が大学に通学していた1964年の冬、東海大学の学生が加わって朝の下り急行の混雑が激しくなり、8時台に臨時の向ヶ丘遊園行き急行が1本設定されました。下りの回送を客扱いに変更したもので、翌春のダイヤ改正で相模大野行き急行になっています。当時、車両の方向幕には急行用の向ヶ丘遊園の設定がなく、この急行専用の方向板が新規に製作され、所定の列車で新宿に戻すよう、運用が決められていました。私が乗る列車のすぐあとに出るスジだったので、残念ながら写真は取っていません。

P3175020
急行向ヶ丘遊園行きの到着です。

P3175022
先頭にかぶりついてどの線に入るかを確認。ポイントは急行線に入るように開通しています。あぁ、やはり急行線だと一安心、そのまま向ヶ丘遊園まで乗ってみることに。ところが、梅ヶ丘を通過中に上り線に目をやると、緩行線にメトロ車の急行、急行線にはほんの僅か遅れて小田急車の快速急行が並走しているじゃありませんか。これは一大事、上りがどこで緩行線に入るかを確認しないといけません。

P3175023
これは上り急行のかぶりつきで経堂を発車したところ。本来なら手前の渡り線で右側の急行線に戻るところですが、そのまま直進して緩行線に入ります。自動の案内放送はこの特例に対応していないようで、「発車後電車が揺れますからご注意ください」といっている頃、電車は我関せずとグングン加速していました。

P3235093
経堂を発車した我孫子行き急行。緩行線を走っているのがわかりますね。

P3175029
豪徳寺を通過。幸いこのE233系の前面ガラスはそこそこ綺麗で、行き先と種別ははっきり確認できます。ここで関係する駅の発時刻を調べてみました。登戸では遊園急行が毎時03、23、43分発、快速急行が06、26、46発、各停は17、37、57発で経堂で遊園急行を待ち合わせます。下北沢では遊園急行が14、34、54発、快速急行が1分差の15、35、55発となっていますから、私が見た並走は遊園急行が少し遅れていたのでしょう。

P3235090
カメラの動画スイッチが入っていて、ちよっとタイミングを外した写真になってしまいました。右のE233系遊園急行は停止寸前、後方の1000形は下北沢を1分差で追上げてきたの新宿行き快速急行で、代々木上原では両者間の乗継ぎができます。

P3235100
もうひとつ、おもしろい例がありました。唐木田発の上り急行は向ヶ丘遊園の4番線に入り、登戸までは緩行線を走ります。

P3235101
登戸では3分停車してその間に特急が通過。特急は原則として1時間に2本なので、12分発は空待避になります。

P3235102
登戸発車後は急行線に転線します。

P3235107
このあと、町田(一部は相模大野)~小田原間となった急行を撮りに相模大野まで行こうかと思っていたら、相模大野~小田急相模原間で人身事故が発生し、ちょうど到着した小田原行き快速急行は新百合ヶ丘行きに変更されました。

P3235110
各停も相模大野行きに変更されています。

P3235120
これは下北沢の案内。停車駅の表示は行き先に合わせて変更されているけど、新松田から急行に変わるという表示はそのままです。

 ということで相模大野から先の本線、江ノ島線の確認は次の機会とします。

箱根登山線でVSEを撮る

 定期運転終了となる小田急VSE、考えてみたら箱根登山線内でまともに撮影していなかったことに気付き、これはいかんと9日に箱根湯本まで出かけました。株主優待券を手配する時間がなかったのと、18きっぷを有効利用するため、小田原までの往復はJRです。

P3094742
小田原からカブリ付きでロケハンし、入生田で下車。この日の各停は3本中の2本がレーテッシェカラーでした。

P3094743
3線時代が偲ばれる枕木も残り少なくなっています。

P3094745
箱根湯本に向かって歩くと、途中にこんな第4種踏切が何カ所かあります。私道のような雰囲気だけど、線路の上側にも民家や学校もあるようだから公道なのでしょう。

P3094748
ちょっと架線柱が立派すぎるなぁ。取敢えず構えてみよう。

P3094749
GSEが来た。手前の梅がもう少し咲いていればアクセントになるのだが。

P3094751
後追いは架線柱を引っ張るワイヤーが邪魔。

P3094753
少し望遠にしてワイヤーが入らないようしてみた。登山電車の2連だったらそこそこまとまりそうだけど、20m車の4連はちょっと長すぎる。

P3094755
場所を移し、このあたりで唯一の歩道橋から。車に被られる心配はないものの、いまひとつまとまりに欠ける。

P3094756
特急の続行で登山電車の回送が通過。車両交換なら車庫に戻るのも来るかと期待したけど、柳の下の泥鰌は1匹だけだった。

P3094759
さらに進むと箱根湯本駅が見えてきた。左は旧東海道に分かれる三枚橋。

P3094760
三枚橋の少し先ある踏切がちょっとよさそうな感じ。渡った先は道が途切れています。

P3094763
MSEが戻ってきた。街路灯の柱が邪魔だぁ。

P3094764
こちらのアングルが本命。ここでVSEを待ちます。場所がわかるよう、やや広角気味にして国道を画面に入れてみた。

P3094767
早川の対岸から狙っている人もいます。満開になっているのは川津桜かな。

P3094768
12:22、スーパーはこね9号通過。正面の木立がなければ編成全体が入るけど、レールが3本あることがわかるからよしとしよう。

P3094771
入替って各停が発車。赤と白のコントラストは悪くない。

P3094772
折返し時間は14分。誰が見ても箱根湯本だというカットを押さえておきます。

P3094775
ここでも街路灯に邪魔されます。

P3094778
これもお決まりの構図。OER3001さまも2月9日に同じアングルで撮影されています。

P3094785
12:35、オルゴール警笛を鳴らして発車。

P3094786
うまいこと車が途切れた。

P3094787
標準ズームを望遠目一杯の120mm相当にして、ダメ押しの1枚。先ほどの踏切にも1人構えています。

P3094789
次のVSEはほぼ1時間後なので、その間にいろいろなアングルから撮ってみます。これは三枚橋の中程から。

P3094791
隙間電車風のアングル。先頭付近の踏切は完全な私道のようで立入りできません。

P3094794
車が1台も見えないのもアクセントに欠ける。護岸の石垣がいささか殺風景。

P3094798
先ほどの踏切に戻って時間稼ぎ。

P3094799
EXEの未更新編成。この時期だと保護色に近い。

P3094804
2本目のVSEはこのあたりで狙おう。

P3094806
川側の手摺りに大名行列の切り絵があしらわれていました。

P3094808
対岸は花を見ながら散歩する人、流れに入って釣りをする人、三脚担いで足早に歩く撮り鉄と、各人各様です。

P3094809
EXEの戻り。貫通型の前面はMSEよりEXEの方がまとまりがよいと思う。

P3094810
未更新のEXEは残り2本。ほぼ毎年1本のペースだから、そろそろ6本目が日車送りになるのだろうか。

P3094812
入生田でEXEと交換したVSEが到着。EXEより長いのだから、もう少し下がって構えるべきだった。この直前に貸切バスが5・6台連なってきたけど、列車が減速していたのでやり過ごせました。

P3094813
少し曇ってきたけど、おかげで白飛びはしない。

P3094819
これも定番アングル。上りの発車は動画で撮って締めとしました。

P3094821
17年間で延べ600万km走ったそうです。

P3094820
ダイヤ改正のお知らせ。小田原~箱根湯本間の各停は1時間に3本になるけど、箱根湯本~強羅間は日中1時間に4本が維持されるようです。

P3094826
小田原の構内もいろいろと盛り上げています。

P3094829
定期運転終了まであと2日です。

P3094830
小田急はダイヤ改正ではなく、ダイヤ変更と表現しています。

P3094832
改札を出て、箱根そばで遅めの昼食。VSEに敬意を表し、サクラエビ入りかき揚げとホタテ、菜の花添え(560円)を奢りました。納得の値段です。
帰路は15:04始発の湘南新宿ライン、特快高崎行きに乗車。新宿に16:18着だから所要74分で小田急の特急より速い。運賃に大差があるとはいえ、小田急も特急は70分を切るくらいにしないと、じり貧街道まっしぐらになりそうです。

VSEお別れ乗車

 年が明けてから私鉄各社でも春のダイヤ改正の概要が発表されています。小田急もその例に漏れずなのですが、なんと特急の看板車両であるVSEの定期運行終了という、極めて衝撃的なオマケ付きでした。まぁ、理由はいろいろとあるのだろうけど、コロナで利用客の回復が望めないなか、特殊な構造で手間がかかる車両を保守してゆくのは、特急料金を上乗せしても割に合わないというのが本音なのでしょう。
 VSEの営業運転開始は2005年3月、それ以前の報道公開や、ブルーリボン賞受賞の記念列車などで運転室まで入り込んでいますが、仕事なのでゆっくり座席に座って乗り心地を楽しんだ記憶はありません。引退となればその前に自腹を切ってのお別れ乗車をしておきたいし、どうせなら展望席を狙いたいところです。ロマンスカーの空席案内を見るとVSEの確率が高い新宿10時発のスーパーはこね7号は前後ともほぼ満席、これは一番狙いやすい列車だから致し方ありません。ならば上り列車はどうかと見てみると、こちらはところどころに空席もあるようです。

P2014104
2月1日、たまたま出かけたついでに立ち寄った登戸駅の特急券発売所が空いていたので、訳を話してVSEの列車を照会してもらいました。流石にどの列車とも最前列は埋まっていて、9日のはこね10号で前から2列目、窓側の席が取れました。

P2094176
当日、小田原までの列車は新宿10:01発の快速急行でも間に合いますが、余裕をみてその前の9:37発に乗車。新松田で新宿10時発のスーパーはこね7号に追い抜かれました。この列車の折り返しに乗るわけです。なお、乗車券はシグ鉄さまにいただいた株主優待券を活用しました。シグ鉄さま、ありがとうございます。

P2094179
11:11、小田原着。先行したスーパーはこね7号が発車するところでした。

P2094183
平日の昼頃の上り列車は、コロナの影響がなくても空いています。ただし、VSEの展望席だけはほぼ満席です。

P2094187
11:41、メトロはこね21号の発車を見送ります。

P2094190
定刻、はこね10号が到着。

P2094205
私の席は左側の2列目。右側最前列の男女2人以外は間違いなく「鉄」です。

P2094193
最前列の通路寄りの人は箱根湯本から乗り込んでいて、ずっと動画を撮っていました。ここは開成を通過したところ。

P2094200
一般席の乗車率はこんなもんです。

P2094194
天気がよくて、富士山も綺麗に見えています。

P2094197
新松田通過。

P2094203
6号車まで、車内を歩いてみました。現在は使われていない8号車のサービスカウンター。右はかつての喫煙コーナー、奥は車椅子対応の座席があります。

P2094201
3・8号車にいろいろなサービス設備が集中しています。

P2094191
ブルーリボン賞のプレート。

P2094209
秦野を過ぎたあたりから席に戻りました。大学通学でお世話になった鶴巻温泉を通過。その頃は電車4両分の短いホームでした。普段ならちょこちょこ立ち上がって写真撮ったりすると回りに迷惑がられますが、今回は「鉄」ばかりだからその点は気が楽です。

P2094214
本厚木停車。もう相鉄は乗り入れてきません。

P2094217
海老名で快速急行を追抜き。

P2094218
座間~相武台前間。

P2094220
相武台前通過。昔は電機と貨車の溜まり場でした。

P2094221
大野工場の脇を通過。その昔、このあたりから線路を渡って構内に入り、できたてのNSEを見せてもらいました。

P2094223
町田到着。私の脳内では今でも新原町田です。

P2094224
踏切から撮っている人もいます。右に止まっているのはGSEなんだけど、暗くて色が出ない。

P2094230
新百合ヶ丘の手前、特急が通るのにこの信号はないだろう。

P2094231
青信号になったけど待避列車はいない。

P2094232
まだ構内を抜けないのに、次の信号は減速。なんで新百合ヶ丘で待避させないんだ。

P2094233
向ヶ丘遊園まで先行したのは普通列車。ずっと徐行運転だったけど、これもダイヤどおりらしい。

P2094236
成城学園前、複々線になっても80~90km/hくらいで流しています。

P2094238
経堂、上り線のみ通過線がある変則的な配線です。

P2094239
世田谷代田で地下に潜る。

P2094241
代々木上原、先行の急行がまだ発車していない。

P2094244
南新宿の手前、もうすぐ終着だ。

P2094246
皆の者、出迎えご苦労であるぞ。小田原から途中2駅停車で78分、途中の徐行運転は折込みすみで定時です。3月のダイヤ改正後は3駅停車で70分程度になるので、もう少し特急らしく走ってくれることでしょう。VSEの装備を活かせなかったは誰のせいなんだ。

P2094248
用がすんだら速やかに車外に出ましょう。

P2094255
ホームではまだ撮影会が続いています。

P2094253
ちょいと余韻に浸ってみる。

P2094250
乗ったのはトップナンバーだった。

P2094256
あっという間の17年間、お疲れさまでした。

富士山をバックに撮る(その2、小田急電鉄)

この2週間ほど模型いじりに熱が入り、ブログの更新が後回しになってしまいました。富士山シリーズのその2となる小田急電鉄は、学生時代に新宿から57km先まで通学で乗っていたので、沿線の景色はほぼ頭に入っています。

P1053698
下北沢の次の世田谷代田はこのあたりで一番高い位置にあり、改札口を出てすぐ、環7を渡る「だいたふじみばし」の向こうに富士山が見えます。実はこの橋がかつての線路跡で、ここから線路は梅ヶ丘に向かって一気に下っていました。

P1053699
少し望遠にしてみます。Pの看板の先で線路が地下から出てきますが、右端の道路は本来の地形どおりに下り坂になっています。

P1053705
開口部の上はベンチが置かれた展望スペースになっています。175mm(350mm相当)で目一杯富士山を引きつけたけど、架線ビームが邪魔して車両の顔を抜けません。-0.3に露出補正してもまだ富士山は飛び気味です。

P1053705A
画像処理でハイライトを30%くらい落とし、コントラストを少し上げています。これで実際に見た目くらいです。

P1053706
これと次のコマも-0.3補正しています。

P1053708
どう頑張っても架線ビームはかわせない。

P1053710
望遠にすると邪魔物まで引寄せられてしまう。露出補正は-0.7にしたけど、カメラ任せではコマごとに微妙なバラ付きが出てしまう。どう足掻いてもここはこんなもんでしょう。以下もすべて-0.7で撮っています。

P1053716
梅ヶ丘の上りホームから。富士山は家の屋根に乗ってしまった。

P1053717
経堂から喜多見までは線路からほんの僅か左に寄った位置に富士山が見えます。これは千歳船橋の上りホームからで、前方に見えるMSEは千代田線から戻って来た回送で緩行線を走行。左は御殿場行きの「ふじさん3号」。

P1053717A
これも画像処理でハイライトを抑えています。

P1053720
このあたりもだいぶ高い建物が増えています。10年後はどうなっているだろうか。

P1053734
喜多見から狛江に向かって左にカーブするので、富士山は右側になります。和泉多摩川の下りホームからだと道路橋のアーチが見事に邪魔してくれます。

P1053722
左岸の堤防を少し下ります。富士山は車両の上に見えるけど、電線がやや目障り。

P1053723
河川敷のグランドからの砂塵がひどいので、少し線路寄りに移動。ここだと電車で富士山がほとんど隠れてしまう。

P1053725
時刻は11時過ぎ。もう2時間くらい早ければ、電車の顔にも陽が当たっているはず。次に狙う時は早起きしよう。

P1053727
一番奥側の緩行上り線だと、なんとか富士山の頭は見える。架線より高い位置から撮りたいけど、近くに立ち入れそうな建物はありません。風が強くて寒いので、富士山狙いはここまでとします。この先、神奈川県に入っても丹沢の山が邪魔して、富士山はその隙間からちょこっとしか見えません。秦野を出て直線区間に入った所で真っ正面に見えますが、今回は都内からのお手軽撮影に限定とします。

P1053729
降りた時は気付かなかったけど、和泉多摩川の改札内コンコースにこんなジオラマが置かれていました。見てのとおり、箱根湯本駅です。

P1053733
2・3両目が脱線しているけど、なかなかいい雰囲気です。

P1053732
製作は聞いたことのある会社ですね。

このところ寒さが厳しく、夜、布団に入ってもなかなか足先が暖まりません。年をとると発熱量も少なくなっているのでしょう。さてどうしたものかと考え、電気アンカを使ってみることにしました。「あんなの年寄りが使うもの」と思っていたけど、端から見れば疑うまでもない年寄りなんだから、遠慮する理由はありません。
 A4判より一回り大きいくらいで消費電力15W、値段は2000円ちょいというやつを買いました。足のあたりに置いて寝る15分くらい前に電源を入れておけば、ほんのり暖まっています。15Wだから一晩つけっぱなしでも電気代は僅かだし、寝付きもよくなって快適。これでこの冬は乗切れそうです。

P1036403
番外で1枚追加。2012年1月撮影で、富士山狙いではありません。同じ場所でJR東海の371系も撮っています。*拡大できます。


小田急電鉄、向ヶ丘遊園モノレールの開業から廃止まで

 そろそろ正月気分も抜けてきたところで、ブログも真面目な「鉄」に戻ります。今回のテーマはネット配信の乗りものニュースで12月19日にアップされた記事のダイジェストになります。

遊1 P6291578
これは1966(昭和41)年4月23日、開業初日のモノレール線向ヶ丘遊園駅です。時刻は昼頃で切符売り場の前に群がっているのはほとんどが会社関係者でしょう。手前に椅子やテントが片付けられているから、開業記念の式典が終わったあとなのかも知れません。

遊2 P6291579
切符売り場。運賃は100円で、鉄道の初乗り20円に比べるとかなり割高です。運転は9:30~17:30まで、17時台を除いて10分間隔ですが、半数は不定期運転のようです。

遊4 P6291576
日本国内のモノレールとしては5番目の開業となり、鉄のレール上を鉄車輪で走行するロッキード式が初めて採用されました。車両はデハ500形で、向ヶ丘遊園正門寄り(写真左)から502-501。車体長13570mm、自重16.2トン、定員120人、車輪径610mm、ホィールベース2030mm、軌間1273mmは左右の案内レール頭部の間隔を示しています。電気方式は直流600V、各車に75kWのモーターを備えており、これはかなりの過剰性能といえます。

遊5 P6291580
向ヶ丘遊園駅を出るとすぐに左折し、府中街道、二ケ領用水に沿って走ります。かつては用水の土手部分に蓄電池式機関車による豆電車が走っていましたが、府中街道のバイパスが線路を横切ることになるため、平面交差を避けてモノレールに置き換えられました。開業当初、まだこの一帯は多摩川梨の産地で、車両の下あたり、家並みが途切れた所に梨畑が見えています。

遊6 P6291584
豆電車は府中街道を隔てた所が終点でしたが、モノレールは道路をオーバークロスして遊園地の敷地内に乗入れます。

遊7 P6291582
向ヶ丘遊園正門までの営業キロは1.1km、最少カーブ半径40m、最急勾配54‰、最高速度40km/hとなっています。この建屋の下に検修設備がありました。

遊8 P6291587
デハ502の車内。座席は各車先頭向きのクロスシート、窓はすべて固定、天窓付きで明るいのですが、ファンデリアだけでは夏の暑さに耐えきれず、後に天窓は埋められ、妻窓は開閉式に改造されます。

遊9 P6291588
午後の車内はガラ空きでした。
ここまでの写真は「鉄道ファン」誌に投稿したところ採用され、商業誌デビューとなりました。これに味を占めて原稿書きが本業になったわけではありません。

遊10 PB260269
開業から31年目の1997(平成9)年10月、原稿書きが本業になり、鉄道ダイヤ情報のモノレール特集で取材の機会がありました。502の車内で天窓が埋められ、妻窓が開閉式になっています。

遊14 PB260247
ドア脇の座席下に収納されている非常脱出用のシュート。

遊15 PB260216
運転台、抵抗制御、電磁直通ブレーキだから、主要機器は鉄道線車両と同じ。

遊16 PB260215
車両のメーカーは川崎航空機。1961年に同社のほか川崎車輌、日本電気、佐藤工業、西松建設などの出資で日本ロッキード・モノレール(株)が設立され、翌年に試験車両が完成。小田急モノレールはこれを営業用に改造しています。

遊17 PB260219
走行部分、案内輪が両側からレールの頭部を挟み込んでいます。

遊18 PB260223
案内輪の奥がモーター、直角カルダン式です。レールの頭を挟む非常用のブレーキも見えています。

遊19 PB260225
集電装置(赤丸)は地下鉄と同じ集電靴です。

遊20 PB260261
運賃は廃止になるまで100円でした。列車は1時間あたり4本になっています。

遊21 PB260217
向ヶ丘遊園の切符売り場は、鉄道線の駅舎を模したデザインになっていました。

遊23 PB260286
向ヶ丘遊園駅前もだいぶ賑やかになっています。

遊24 PB260282
道路も用水も拡幅されています。梨畑はもうありません。飛び散る鉄粉の錆でコンクリートの桁が茶色くなっています。
この取材から3年後、台車に亀裂が見つかり2000年2月13日から運転休止。そのまま復活せず、2001年2月1日付けで廃止となりました。特殊な車両で部品の補充も難しいというのが表向きの理由ですが、遊園地の来園者も減り続けているので、このあたりが潮時というのが本音と思われます。なお、向ヶ丘遊園も2002年3月31日限りで閉園となっています。

遊25 PB260315
廃止後の2001年3月24・25日にさよなら見学会が行われました。長蛇の列はこれを記念して発売されたパスネットがお目当てのようです。

遊26 PB260321
いろいろ特典もあったようです。

遊27 PB260323
車両には喜多見検車区特製のヘッドマークを取付け。車内も見学できました。運転台回りも窓を開閉式に改造しているのがわかります。

遊28 PB260327
車両妻面にはレアものの銘板も付いていました。

1966年は5月2日に大船のドリームランドモノレール、同月17日には同じロッキード式の姫路モノレールが開業しています。この頃までが日本のモノレールの黎明期といえますが、現在も存続しているのは東京モノレールだけです。
プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
  • 3年ぶりのトレインフェスタ(本編)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ