モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

東武鉄道

竹ノ塚の高架化完成

高架化工事が進行中だった東武鉄道の竹ノ塚は、去る3月19日の夜に緩行線の線路切換えが行われ、長年の懸案だった踏切の除去が実現しました。当日は撮り鉄をシャットアウトしたことで話題になりましたが、そのほとぼりも醒めたであろう4月25日に様子を見てきました。

P4255970
まずは手前の西新井から下り緩行の先頭にかぶりつきます。栗六陸橋を潜った所から上り勾配になります。前回(2020年10月)の撮影はこちら

P4255973
東京メトロ竹ノ塚検車区(正しくは千住検車区竹ノ塚分室)への出入庫線を乗越える所。

P4255975
下りの急行線はそのままの高さを維持し、緩行上下と急行上り線は少し低い位置になります。出入庫線はY線で緩行の上下線につながるので、緩行下りとの平面交差は解消されました。

P4255940
新しいホームは天井に木の角材が使われています。地平時代の駅そばは復活していません。

P4255941
柱の回りもかなり凝った細工をしています。

P4255943
側壁は透明で見通しがよい。こちらは広場がある東側(上り線)になります。

P4255945
メトロ8000系の急行が通過。

P4255946
下り方は地平のレールを撤去したあと、高架の引上げ線ができるようです。

P4255952
こちらは上り方。東武の普通車に赤はまだ馴染めません。

P4255953
その70000系に乗って最後部からのかぶりつき。

P4255955
地平に降りたあたりで急行線が接近してきます。

P4255956
ご用済みになったレールがまだ残っています。撤去後、このあたりまで引上げ線の高架が延びてくるのでしょう。

P4255960
今度は谷塚から上り緩行のかぶりつき。地平時代に比べるとかなり東側に振られています。

P4255965
上り線はホームを過ぎるとすぐに下り始めます。

P4255966
地平に降りた所で出入庫線が下り線の下を潜ります。

P4255978
前後の状況がわかったので、駅の外に出ます。改札口は今のところ谷塚寄りの高架下に1箇所だけ。

P4255983
小綺麗ではあるけど、いささか殺風景な気もします。

P4255979
西側、かつての38号踏切があった所で、地元の人でないとこの奥に改札口があるとは想像できないでしょう。

P4256021
下り線の谷塚寄りはまだレールが残っています。

P4223814
地平時代のほぼ同じアングル。2013年4月の撮影です。

P4256023
上り線側。線路3本が東側に移動したのがわかります。

P4256017
谷塚寄りもレールが残っています。

P4223818
地平時代は引上げ線が3本あり、本線の竹ノ塚止まりだけでなく、メトロの始発列車も一旦引上げ線に入ってから上りホームに据付けていました。

P4255985
東側。以前は左の階段で地下改札口へ通じていたから、だいぶ大回りになります。駅施設の整備はこれからで、改札口は最終的に浅草寄りの道路に近い位置になるようです。

P4255986
年寄りが渡りきれなかった浅草寄りの踏切は撤去されました。最近の高架にしてはかなり高さが低い。

P4255987
踏切がなくなったから車は素通り、つい今までのつもりで渡ってしまいます。

P4255990
これは旧上り緩行線。

P4255992
地平ホームの下り線側。

P4255995
西側はこの背後の道路脇にバス乗り場があるので、電車との乗継ぎは歩く距離が長くなっています。

P4256004
高い位置からの定点観測してみる。

P4256007
出入庫線がアンダークロスする所。
P4256014
踏切はなくなり、出入庫線の平面交差も解消しました。めでたしめでたし。

ついでに東武の下今市も覗いてみた

 JR日光線で205系「いろは」の初乗りをした3月3日のこと、「いろは」ともう1本を撮れば用は足りるので、空いた時間は今市からほど近い東武鉄道の下今市に行ってみました。ここは数年前から蒸機列車が運転され、そのために機関庫までできたとか。まぁ平日だからそんなに混んでいることはないでしょう。

P3034634
駅舎は蒸機運転にあわせて古めかしい雰囲気に改装されたようです。150円の入場券を買えば機関庫も見学できます。

P3034664
駅員の制服もレトロ調になっています。

P3034636
日光寄りの跨線橋はレトロギャラリーになっています。ここから機関庫には行けません。

P3034637
壁には古いポスターが掲示されています。

P3034639
なぜか酒類のポスターばかりでした。

P3034645
下りホームには洗面台もあります。

P3034652
ホーム中程の跨線橋から見た機関庫。二つ目ライトだからC11207だな。

P3034653
機関庫は3線、蒸機とDLが2両ずつだから、これで十分でしょう。

P3034654
これは南栗橋工場謹製かな。

P3034656
蒸機の庫だからターンテーブルは欠かせません。

P3034657
見学スペースは北側なので、晴れるとモロ逆光になります。

P3034660
1番線の奥ではDE101099が点検中でした。

P3034661
看板は機関庫だけど、正式な名称は機関区のようです。

P3034673
順光で撮れる上りホームに移動します。

P3034675
入換えが始まりました。

P3034678
方向転換ではないので、ターンテーブルが動いたのは15度くらい。

P3034681
となりの2番線に押込みます。

P3034684
移動機が外されたのでヘッドマークが見えた。この間10数分、ずっと撮影していたのは私だけでした。

P3034662
快速用だった6050系も現在は日光線、鬼怒川線のローカル仕業。新藤原発東武日光行きなんて列車もあるんですね。ダイヤ改正で南栗橋や新栃木からの運用はなくなるらしい。

P3034690
今や貴重な存在といえる向かい合わせのシートも、コロナ対策上は問題ありです。

P3034687
運転室仕切りにある行き先表示と、乗務員室立入り禁止の注意書き。最近の車両は鉄道営業法云々が省略されています。

P3034671
南栗橋以北のローカルに進出している20400系。ダイヤ改正後はこれのワンマン運転に統一されるそうです。

P3034670
地下鉄乗入れ用だった20000系列からの改造なので、元5扉車も混じっています。

P3034649
車内に入ればそんなに違和感はありません。

18きっぷの期限内にもう一度、日光線のE131系初乗りに行くつもりなので、その時は東武の蒸機列車も狙ってみます。

東武鉄道竹ノ塚駅付近の上り急行線高架化

 東武鉄道伊勢崎線竹ノ塚駅の高架化は2011年から着工され、第一段階として下り急行線が2016年5月に高架化されました。本来の計画では2021年度中にすべての高架化が完了するはずでしたが、いろいろと事情があって工事は少々遅れ気味。先月(9月)の26日に上り急行線が高架化されました。

P9305341
下り急行線の高架化を見に行ったのは2016年の10月、4年後の今はどうなっているのだろうか。東京メトロ13000系の先頭車からカメラを構えます。左が下り急行線。正面奥に高架から下ってくる上り急行線が見えます。

P9305342
上り急行線の線路切換え地点。高架化の発端となった37号踏切を越えたらすぐに地平に降りてきます。

P9305343
竹ノ塚ホームの下り先端から乗ってき電車を見送ります。右に分岐する引上げ線は使用停止になっています。

P9305347
浅草寄りのホーム先端からみた下り緩行線。ほぼ下り急行線の真下になります。踏切の先に両渡りがあり、東京メトロの車庫につながっています。

P9305349
上と同じ位置の上り線側から。右奥から上り急行線の高架、25日までの地平急行線、すぐ右の高架が下り緩行線になります。

P9305398
改札を出た所に工事概要の掲示がありました。この工事の主体は足立区です。

P9305395
スケジュール変更のお知らせ。下りの緩行線と急行線の間に車庫からの線路が割込み、谷塚寄りに引上げ線が2本できるようです。

P9305351
谷塚寄りの38号踏切を渡ります。ちょうど上り緩行線の上にいます。

P9305353
ここは旧上り急行線。まだ架線は撤去されていません。

P9305358
37号踏切に回ります。手前が上り急行線で、少し下り勾配にかかっています。

P9305363
踏切の真ん中あたり。ちょうど旧上り急行線の上に緩行線のホームができるようです。

P9305369
下りは急行線の真下が緩行線です。

P9305370
37号踏切から100mくらい浅草寄り。どこかに俯瞰できる場所はないだろうか。

P9305372
ちょうどよい位置に団地があったので、外階段を上ってみます。これは2.5階の高さ。

P9305383
下りの高架より高い位置と思い、7.5階まで上りました。「りょうもう」の先が駅部分で、高架の高さは下り急行線の9mに対し、他の3線は7mと少し低くなっているのがわかります。

P9305386
なかなかよい眺めです。

P9305388
高架越しに東京メトロの車庫が見えます。

P9305389
リバティが通過。

P9305415
最後は草加から上り急行に乗り、高架になった区間を連写します。竹ノ塚手前の切換え地点。

P9305417
新しい高架に入った所。

P9305419
高架を登り切りました。

P9305421
ホーム部分の水平区間を通過。

P9305423
下り始めて37号踏切を通過しました。

P9305425
ほぼ地平です。

P9305426
浅草寄りの切換え地点。これでレポート終了。北千住で小諸そばを食べて帰宅しました。

電車と並んで隅田川を渡る

 雨は小休止となった昨日(16日)、秋葉原に買出しに出かけたら薄日が射してきたので、浅草まで足を延ばしてみました。

P7164283
東武電車が隅田川を渡るという見慣れた光景ですが、鉄橋の手前になにやらもうひとつ橋ができています。

P7164286
鉄橋を潜ってみます。画面左端に堤防の上に出る通路ができています。

P7164287
前振りが長くなりましたが、橋の正体はこれ。すみだリバーウォークと名付けられた人道橋で、本来は花見時に開通の予定がコロナの煽りで延期になっていました。緊急事態宣言も解除され、どうなっているのかとネットで情報を集めてみると、6月18日にひっそりと開通していたそうです。

P7164289
堤防の上が起点になります。

P7164290
20mくらいは鉄橋の上流側に張り付いています。

P7164295
その先で鉄橋を潜って下流側に出ます。上は線路が直線になり、ダブルクロスが始まるあたりです。

P7164294
曲がり角にこんなプレートがありました。これ、写り込みが大きくて撮影しにくい。

P7164299
あとは対岸まで一直線。電車は徐行しているので脇を通ってもそんなに揺れません。位置が低いから橋桁越しに見えるのは台車だけです。

P7164309
ちょうど真ん中あたりにガラスが嵌め込んであり、水面を覗けます。特に珍しいものは見えません。

P7164307
下流側の眺め。こちらは右岸の台東区で、橋の袂が水上バスの乗り場です。

P7164308
左岸は墨田区。有名な〇ンコビルです。

P7164313
電車を絡めるアングルは限られます。

P7164315
墨田区に着きました。頭上を高速道路が跨いでいます。警備員が常駐していました。

P7164318
強引にスカイツリーと絡めてみます。

P7164325
墨田区側も線路を潜って上流側で地上に降ります。 

P7164328
墨田区側のゲート。

P7164329
道路を渡った先は隅田公園が広がっています。

P7164334
高架下も開発が進められています。スカイツリーの下がソラマチなのに対し、こちらは北十間川に沿っているのでミズマチなのです。

P7164331
隅田川に近い枕橋から見たミズマチウエストゾーン。奥の橋が源森橋で、その先のイーストゾーンはまだ工事中でした。店は公園側が正面で、川沿いのテラスにも出られるようになっています。

P5224880
同じ場所で2013年に撮影。まだスカイツリーは完成していません。

P7164335
源森橋から浅草方向を見たところ。7月中に開店という店もあるので今はプレオープンというところでしょうか。梅雨が明けたらもう一度来てみよう。
プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ