モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

1/1 国鉄

雨降りだって写真は撮れる

 先週の11日(月)は昼前に西武鉄道の某駅でぬか屋さんと待合わせ。

P7117608
ここは新宿線と拝島線の同時進入が狙えるのです。とはいえ、完全にシンクロする確率は30%くらいで、狙っている時に限って微妙にタイミングを外されます。

P7117643
結構暑い日だったので、地元のスーパーで西瓜を買って帰りました。室内灯でホワイトバランスが狂ったのではなく、黄色というよりオレンジ色っぽい西瓜です。昔は黄色いのをクリームスイカといっていました。何色だろうと味は同じですが。

P7157693
その後は梅雨の戻りのような雨模様が続き、模型の塗装もできません。自宅でずっとパソコンの前に座っているとケツが痛くなるので、雨にも負けず徘徊を続けています。これは15日の午後、ちょうど高円寺に着いたら土砂降りになったので、雨足が弱まるまでホームで待機。どーせならこういう時にしか撮れない写真を狙ってみましょう。
 カメラは防滴仕様ではないので、屋根の下から構えます。露出は無精してプログラムオートのまま。感度800で絞りはほとんどが開放に近く、シャッターは1/25から1/125秒くらいです。暗いせいでLED表示は綺麗に写っています。

P7157695
雨のおかげでレールとバラストはくっきり写ります。

P7157687
暗い部分をバックにして雨粒を表現しようとしたのですが、ちょっと流れてしまった。もう少し速いシャッターにした方がよかったかな。

P7157689
止まる時は屋根の雨水が前方の縦樋から勢いよく流れ落ちます。これは少しタイミングが遅く、水量が少なくなってしまった。

P7157697
これはだいぶ景気よく流落ちています。

P7157691
加速する時は後方の縦樋から流れます。快速のE233系の方が各停のE231系より加速度が高いので、狙うならこちらです。

P7157699
シャッターが1/25秒でブレているけど、雰囲気としては悪くない。

P7157704
メトロ車も加速がいいので狙い目です。

P7157702
特急が通過。そろそろ雨足も弱くなったので撮影は終わりとします。

首都圏最後の蒸機列車

 OER3001氏が11月24日付けのブログで首都圏最後の蒸機列車を取上げたのがきっかけで、ぼっちぼちさんぬか屋さんもその時の模様をアップされています。まぁ、ほぼ同年代なので大体同じような行動をしているわけで、私も急遽、その時のネガを探してスキャンしてみました。

PB305762
実はこの年(1970年)の10月、私は弘済出版社に入社したばかりで、仕事としてこの列車に乗ることになりました。これは恐らく初日の10月10日でしょう。まだ乗ってはいません。品川に到着した上り列車のようです。

PB305764
大変な人出です。

PB305765
特製のサボがかかっていました。

PB305778
実際に乗ったのは雨降りだったから、最終日の18日のようです。東京駅の10番線で新幹線と並んでいます。それにしてもデッキにまでギュー詰めの状態で走ったのだろうか。

PB305777
乗ったのは品川で見たのと同じ車両でした。編成はすべて狭窓のスハ32で揃っていたようです。

PB305781
大井町で停車中の京浜東北線を追抜きます。窓全開で車体が傾いているんじゃないかな。

PB305782
大井町を過ぎたところ。横断橋の上もびっしり。ホームの端から線路に降りているのもいます。これはちょっとまずいぞ。

PB305784
これは高島線内ですね。艀の上からカメラ構えて、えぇ根性しとるな。

PB305786
横浜港に到着。ノーファインダーで撮っているけど、なんとか機関車のナンバーが写っています。

PB305787
到着が11:39、出発が14:26。3時間近く間が開きます。

PB305789
昼飯時なので崎陽軒が店を出していました。

PB305788
DD13が来て、客車を一旦引上げます。

PB305790
この頃、雨は止んでいました。

PB305791
14時頃(だろうと思う)、D51が戻って来ました。

PB305792
客車に連結します。

PB305793
「鉄」に囲まれています。このあと横浜港のホームに据付けられたのかどうか、そのあたりの記憶がありません。

PB305801
復路は乗車しないで出発を見送りました。これで仕事は終わりです。

PB305794
人の波が引いてから近所を歩き回っていたら、思わぬものを発見しました。後ろの煙突は別物です。

PB305795
これ、先日の90万アクセスの追加分にしておきます。1964年の新幹線開業に備えて完成した車両を現在線で甲種輸送することになり、それに先だって限界を測定するためにオハ61を改造したものです。

新線建設が始まった頃の碓氷峠

 1962(昭和37)年4月初旬、春休みが明ければ高校2年生となる時ですが、思い立って碓氷峠(信越本線)に行ってきました。目測式のスプリングカメラなので、全体に甘ピンです。

P5074161
八王子から八高線で高崎に出ています。この方が上野回りより早く、高崎からの信越本線の列車に乗れたのです。キハ17の先頭からで、寄居の手前、秩父鉄道のデキ1形が牽く貨物列車と並走しています。

P5074162
高崎からの信越本線の長野行きに乗ります。まだ非電化なのでD51が盛大に煙を上げています。場所は磯部ですね。信越本線の普通列車は上野を出る時が12両、高崎で6両を切り離します。これはリベットがあるからオハ35でしょう。半分くらいは座席の背摺りが板張りのオハ61でした。

P5074164
横川で前に1両、後に3両のED42が連結されます。これは先頭になる機関車です。

P5074165
丸山信号場で上り列車(後追い)と交換。ED42はパンタがある横川寄りにしか運転台がありません。

P5074168
新線はレールが敷かれ、これから架線を張るという状態でした。

P5074169
ラック区間は駆け足で追いつけそうな(実際はもっと速い)スピードです。ED42のロッドの動きを見ていると退屈しません。客車6両だと定数に余裕があるので、定数と有効長が許す範囲で貨車を連結しています。

P5074170
熊ノ平で交換。前後とも行止まりのトンネルに突っ込んで有効長を稼いでいるので、僅かですが停車、発車の時はスイッチバックします。

P5074212
軽井沢までは行かず、横川に戻って丸山あたりまで歩いたようです。碓氷峠の象徴といえる66.7‰の勾配はここから始まります。峠を下ってきたのはキハ57の急行で、当時は志賀、とがくし、丸池の3往復がありました。ED42は横川寄りに4両連結されていますが、後に一般的な軽井沢寄り1両、横川寄り3両に変更されます。

P5074215
軽井沢に向かう客レ。

P5074213
新線を上ってきた工事用列車。

P5074214
旧線と新線が分かれる所。それにしてもすぐ左は600Vのサードレールじゃないか。線路に平行する一般道はないから、ここまで線路脇を歩いたことになります。途中で工事関係者に出会っても何もいわれなかったし、もう時効ということで目を瞑ってもらいましょう。

P5074216
これ、横川や軽井沢でよく見かけました。側溝の蓋に使われているご用済みのラックレールです。減り具合でどちらが麓寄りがわかりますね。

ボルタ判カメラで撮ったネガ

 先日、古いネガの複写をした時、昭和36年撮影とあるセミ判のネガカバーの中に、ボルタ判のネガが少し紛れ込んでいました。撮影年月日はわかりませんが昭和30年代の前半でしょう。私が初めてカメラを使ったのは小学校6年(昭和32年)の修学旅行でしたが、これはおそらく中学生の頃に撮影したもので、現存しているネガとしては最も古いものと思われます。

P6183866
撮影したカメラはこれ。ボルタックスⅡという名前で、昭和30年頃の我が家でロールフィルムを使用できる唯一のカメラでした。メーカーは宮川製作所で1940(昭和15)年に発売されたもの。レンズはF4.5/40mm、シャッターはB、1/25、1/50、1/100の4段階、ピント合わせは回転ヘリコイドによる目測式。見てのとおりボディーは総金属製ですから玩具カメラではなく、現在でもメッキはほとんど剥げていないというしっかりした造りです。
 使用するフィルムはボルタ判と呼ばれ、35mmフィルムの同じ天地寸法でパーフォレーションがなく、ブローニー判のように裏紙がついています。画面サイズは24×24mmで12枚撮りですが、このカメラは25×25mmになっています。フィルムはチェリー商事からみのりパン、愛光商会からライトパンという名前で発売されていました。どちらもメーカーではないので、フジかサクラのOEMでしょう。

P5074195
さて何が写っているかというと1枚目はこれ。常磐線のクハニ67で、シル・ヘッダー付きだから001か002、場所は北千住で間違いないでしょう。

P5074196
これも北千住かな。車両はクモハ41でしょう。おそらくガーランド型ベンチレーター付きが珍しくて、咄嗟にシャッターを切ったのだと思います。

P5074198
東京駅の13番線、横須賀線下りの先頭に立つクモハ43(53)。当時の私にとって一番憧れの電車でした。時間があるときはこのまま川崎あたりまで乗り、クロスシートと高速での独特な揺れ、MT15のキィーンという唸りを楽しんでいました。

P5074199
機回しに使う11番線に留置されていたクモハ43(53)。追突事故に遭った編成の中の1両ですが、車体にほとんど損傷が見られないので、直接にぶつかった車両ではなさそうです。

P5074200
こちらが当事車と思われるクハ153。助士側の仕切りがかなり変形しているので、角をぶつけたのだろうか。

P5074201
場所は変わって池袋の東上線ホーム。5番線から発車した準急の寄居行きです。先頭はモハ3200形。

P5074202
7番線に停車中の志木行き各停。78形で少し黒っぽく写っていますが、オレンジに黄帯だったはずです。

P5074204
小田急の東北沢。斜めになっていますが、台車を撮りたかったのでしょう。

P5074205
ED1041が牽く下りの貨物列車。砂利を降ろした空荷です。

P5074206
デユニ1001。ケツが切れているのは東北沢の駅名標を入れたかったからということにしておきましょう。この車両はあまり見た覚えがなく、写っていただけでも感激です。
プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
  • 夏は海、昭和40年代の夏ダイヤ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ