モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

今日の1枚

今日の1枚

 コロナのカンセンジャーに認定されたのが8月2日、7日分の薬を飲み終え、その後72時間なにもなければ自宅療養は終了ということで、13日から自由の身になりました。13日は台風絡みの雨で外に出られず、昨日、今日は暑さ対策をしながら歩き回っています。なにせずっと家に籠もっていると1日の歩数がやっと1200歩くらい、522歩なんて日もありました。私の場合は最低でも3000歩、できれば5000歩くらい歩かないと糞詰まりになってしまいそうです。それと、1日中ずっとクーラーから循環している空気を吸っているのも喉によくないです。時々窓を開けて換気したり、体が1日の区切りを忘れないよう、朝起きたらベランダに出て陽に当ったりしていました。
 先週の木曜だから11日、居間のクーラーから水漏れが始まりました。対策としてすぐ下の鴨居部分にタオルを置いたのですが、フト思いついて尿もれケア用のパッドを置いてみました。一昨年の前立腺切除手術後にお世話になった時の残り物ですが、20ccタイプでほぼ1日持ちました。水を吸うと寒天状になるんですね。クーラーは連続使用で風量を抑えていたため、内部に湿気が貯まって結露したもので、風量を上げるようにしたら2日目に水漏れは治まりました。

PA218983
ということで、今日の1枚は2006年10月21日撮影、大阪環状線の天王寺です。93%くらいの人にはごくありふれた103系の連結面としか見えませんが、103系フリークの模型屋にしてみれば、実にいろいろな情報が得られる奥深い1枚なのです。誰が見ても気付くのは戸袋窓が埋められていること。これはこの時代のJR西では当たり前、屋根が塗り屋根になっています。右のクハ103は戸袋と屋根以外はほぼ原型ですが、左のモハ102はよく見ると雨樋の位置が少し低く、方向幕との隙間がありません。窓は下窓が固定式になり、中桟の位置も違っています。窓回りの縁取りもユニットサッシになった新製冷房車とは少し違うようです。JR西の延命工事にはN30だとかN40といういろいろなランクがあり、さらにそれが年度によっても微妙な違いがあるので、迂闊に適当な車号を入れると突っ込みの嵐になってしまいます。私の知識はほんの常識程度ですから、能書きはこのあたりにしておきましょう。

今日の1枚

OER3001氏さまのパクリ、といわれても否定はしません。本来なら昔の写真のカテゴリーとなるものですが、その中の1点ものという位置付けになります。要は少しアップの間隔が空いてしまったなという時、取り敢えずの数稼ぎ、ということです。


PC150178
2006年12月16日、新京成電鉄のくぬぎ山車両基地です。鉄道ダイヤ情報の取材で訪問し、形式別の撮影をひととおりすませて移動している時、編成をバラされた800系を発見。車号はサハ859と読めます。長編成化のため先頭車の運転台を撤去したもので、通常はこの状態での撮影はできません。本来の撮影予定には入っていなかった車両ですが、このカットは記事中で使えそうという勘が働き、歩きながら咄嗟に2枚、シャッターを切りました。
プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 明暗差の大きい場所での撮影
  • 明暗差の大きい場所での撮影
  • 明暗差の大きい場所での撮影
  • 明暗差の大きい場所での撮影
  • 明暗差の大きい場所での撮影
  • 明暗差の大きい場所での撮影
  • 明暗差の大きい場所での撮影
  • 明暗差の大きい場所での撮影
  • 明暗差の大きい場所での撮影
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ