本日(1月27日)は私にとって年に一度の誕生日、3年前の年男から順当に進んで今年は75歳となるわけです。古来から特に75歳だからどうこうという風習はないようですが、今様の75歳は後期高齢者になったことを意味します。まぁ、前期だろうと後期だろうと年寄りには変わりなく、健康保険の扱いが少し変わるようで、年が明けてから新しい保険証が届いていました。
 そのほかは75歳になったからといって特に変わることはありません。仕事は不定期ながらもそこそこあるし、コロナの影響で収入が激減することもなく、体も特に具合が悪いところはなし。天気がよければほぼ毎日出歩き、今日の歩数は何歩と記録するのが日課という、平穏といえば平穏な日々を送れることに感謝しないといけません。この状態をあと何年続けられるのかは 神のみぞ知る なのでしょうが、願わくばあと10年くらいは続いて欲しいものです。