引籠もりは好きじゃないのですが、はっきりしない天気で外にも出られず、EF65絡みの辛気くさい工作を進めています。

P7064079
これはブレーキテコ。湯口を切った部分がブレーキシリンダに入ります。

P7075335
そのままの状態でシリンダに差し込んだのが左(赤丸)の状態。これだとブレーキがかかった状態になってしまいます。走れる(ブレーキを緩めた)状態だとテコは右の青丸のような角度にならないといけません。しかし、ロストで厚みのあるパーツなので、ピンの部分から曲げ直すのは不可能です。

P7075347
ならばと曲げる方の側に5箇所、糸鋸で切込みを入れ、その切代の分だけ曲げてみます。

P7075339
右が整形後。もう少しピンに近い位置から曲げたいところですが、真上から見ることはないから、これでよしとします。

PB260323
次はブレーキテコ吊り(正式名は不明)、赤丸のパーツを作ります。

P7114126
0.5mmの板に罫書きます。幅は4mm。片方の端に0.8mmの穴を空けておきます。これは両側に必要ですが、曲げ加減で揃わなくなる恐れがあるので、加工後に元穴をガイドにして反対側の穴をさらうようにします。

P7134253
片方を直角に曲げてしまうともう一方が曲げにくくなるので、ひとまず「ハ」の字形にします。

P7144261
内側が2.5mmになるのでちょうど厚みがぴったりの平ヤスリをスペーサーに置き、カギ型ヤットコでえいやっと挟んで曲げます。それから先細のラジオペンチで直角になるよう調整します。

P7154265
台車の端梁に両面テープで仮止めしてみます。大きさはまぁまぁです。

P7114128
板を切る切断機にちょっと工夫しました。あり合わせの板を正確に直角を出して曲げます。昔、サンゴで買ったコルゲート板で、当社4000系の前面に少し使っただけ。遊休資材の活用です。

P7114132
これを両面テープで固定します。本当はもっと長いガイドの方が精度は出るのですが、このくらいでも十分実用になります。使ってみると赤丸部分が曲げた時にほんの僅か膨らみ、角度に狂いが出ていました。その部分をヤスリで削って一件落着です。

P7164349
少し晴れ間の出た16日、秋葉原へ買出しです。0.5mmドリルと1mmタップは西川ネジ、1mmネジ、0.7mm、1mm、1.2mmの角線、0.5mmの真鍮板はIMONで調達。ビルがとなり同士なのであちこち歩き回らなくても用が足ります。西川ネジは1mmタップがあるのにネジは2mmより細いのはありません。ちょっと矛盾してるなぁ。
*西川ネジで2mm以下のネジ、扱っているそうです。

P7164351
テコ吊りの穴に1mmのタップを立て、1mmネジを通してブレーキテコをぶら下げてみます。位置が決まったらテコ吊りは端梁にハンダ付けします。

P7214503
次はブレーキシュー。キットのパーツはなぜかブレーキシューが取付けられていない状態なのです。ここは車輪に触れるとショートの原因になるので、金属は使いたくない。手元にあった1.5mm角のヒノキ棒では太すぎるので、1mmの角棒を買ってきました。

P7234505
車輪径に合わせた円弧状に曲げないといけません。水で濡らしてからレベルカラーのビンに巻付け、1時間くらい放置しておいたら、そこそこに曲がってくれました(写真の内側の方)。しかし、厳密に計ってみる最大で1.2mmくらいの部分があるし、曲げた内側に皺が出て、表面の仕上げが必要です。木がダメならプラはどうか。以前、雨樋に使えないかと買っておいた1mmのプラ角棒があり、これを爪先でしごくと結構曲がってくれます。

P7235353
寸法を合わせてちょん切り、ボンドの強力接着材ウルトラ多用途で接着。念のため裏から瞬間接着材も流しました。

P7235352
ブレーキテコと組合わせるとこうなります。3台車で24個必要なので、作業性を考えるとゼリー状の瞬間接着材を使うのがよさそうです。