昨年12月24日に78万アクセス、そして昨日(1月26日)、79万アクセスとなりました。78万の時は忙しいので後回しとしたので、今回、まとめて面倒みようというわけです。まずは78絡みから。

P6301784 72-02 拝島 72675
いきなりモハ72じゃないかって、今回これは当て馬で、となりにいるのがサハ78なのです。サハ78は近代化改造などが行われず、最後までモハ63の面影を残すベコベコ車体でした。なので乗るときは敬遠していたし、写真もまとも撮ったものはほとんどありません。

P6201156 サロ改サハ78
これはスカ線用のサロ45を4扉改造したサハ78。同類のサロハ改造車は窓配置がもっと変則的です。

P6201184 サハ78516
これはモハ72を電装解除したサハ78516。元が500番代なので車体も綺麗です。足回り一式はモハ80の850番代に転用されています。

P5104000
阪神電鉄7801形。昇圧対応車として頭数を揃えるため、前面はペッタンコ、車体裾のRもなしとコストダウンした造りになっています。

P4229878
北総鉄道7800形。京成電鉄3700形のリース車です。

P1283250
京王電鉄7000系のクハ7700形ですが、4連は6~10連と区別するため7800代の車号になっています。
 このほか、国鉄にED78、東武鉄道に78系があり、写真も1枚くらいはあるはずですが、ネガを探すのが面倒なので割愛します。

P4080491 クハ79012 大阪
79といったらクハ79でしょう。左は鋼体化改造のクハ79012。右が原型といえるモハ63の電装解除車です。

P7111813 68-07 千葉
モハ72の500番代と同時期に新製されたグループ。左が前面窓に傾斜がついた79352以降、右はさらに前照灯が埋込みになったタイプ。

P6301801 70-04 小机 79904
事故車を大井工場で改造したクハ79904。量産タイプの全金車と比べると、あちこちに大井工場の独自性を発見できます。

P7044931 クハ79060 鴫野
スカ線のクハ47を改造したクハ79060。関西に流れましたが最後は東京に戻り、山手線、総武緩行線で使用されました。

P7045066 クハ79055
43系のクハ58で唯一半流だった58025を改造したクハ79055。この手の改造車は片町線に集結していました。

P5104006
また7801かよって、2両目が7901形なのです。コスト削減で台車は小型車のイコライザータイプを流用しています。

P7254855
南海電鉄クハ7901形。フィルムではもっとまともな写真がありますが、デジタルで見つかったのはこれだけでした。

PB011224
東急電鉄7700系のクハ7900形。となりの中間電動車はデハ7800形です。
 国鉄末期にED75を改造したED79がありますが、残念ながら私は見たこともありません。

 ところで、本日、私は74歳になりました。丸73年を経過したわけだから日数だと26,645日(1年を365日として計算)、時間にすると639,480時間になります。若い頃は生きているのが当たり前と思っていましたが、最近は時折、あと何回誕生日を迎えることができるかな、と考えたりすることもあります。まぁ、いままで入院するような大病はしていないし、血で血を洗うような修羅場の経験もない、好きなことをして、そこそこの稼ぎもあるという生活を送っていられることに感謝しないといけません。
 もちろん、丸っきり悩みがないわけではありません。といっても死ぬの生きるのというレベルではなく、生活に適度の緊張感を与えてくれる範囲です。よくいえば平穏、悪くいえばぬるま湯に浸かっているようなものですが、このぬるま湯はなかなか快適なのです。