モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

2020年06月

昭和37年のネガから

 古いネガシリーズ、昭和36年が終わったので次は昭和37(1962)年に入ります。今回は2~4月の撮影で、距離計なしのセミ判カメラですからピントの甘いのは目を瞑ってください。

P5074144
高校の同級生3人と向ヶ丘遊園から線路の北側の丘陵をハイキングしました。期末試験がおわった2月末から3月初めの頃です。数時間歩いてもうよかろうと里に下りた所は鶴川でした。画面右が鶴川駅。電車はHB車の1400+1400-1450、まだパンタが大型のS-514で、車内は扇風機も放送装置もありません。

P5074145
下りの特別準急。キハ5000形のようです。新宿を特急の1分後に出ますが、向ヶ丘遊園からの勾配区間でどんどん差を付けられ、4分後の急行に尻をせっつかれます。

P5074146
線路とほぼ並行する鶴川街道から。もう柿生に近い所です。道路が舗装されているからここは東京都でしょう。

P5074147
柿生の1番線に停車している2220形。ちょうどトイレの部分が見えています。この頃は貨物用の側線があったのですね。

P5074148
多摩川を渡る下りのHB車。登戸寄りの土手に近い所で、枕木の上にカメラを置き、下から手を伸ばしてシャッターを切りました。

P5074149
デハ1300形。方向板は新聞のようですが、1両ということは相模大野までの第2便なのだろうか。

P5074150
これは別の日、場所は不明ですが西武新宿線の沿線だと思います。金魚売りのリヤカーが珍しくて写したのでしょう。バックの3軒長屋、かなり高い物干しポールとその前の空き地、どう見ても23区内の風景ではありません。

P5074152
武蔵関公園の池越しに西武新宿線を撮影。なんとE51形が牽く貨物列車です。上石神井より新宿寄りで貨物扱いをしていたのはどこなのだろうか。私の勘違いでした。上りは武蔵関の次が上石神井なので、この列車は上石神井止まりでしょう。

P5074153
これは国分寺線の小川と思っていたのですが、機関車の左に見える案内板に小川、国分寺とあるのから小川ではなし。となると撮影場所は東村山の西側からでしょうか。それにしてもレールが細い。

P5074154
ユネスコ村のおとぎ列車。4月の初めで桜が満開です。

P5074155
国分寺線のモハ151形。中央線と並走する寸前の所です。いかにも頑丈そうな造りだったけど、スピードは出なかった。

久々、EF65に取りかかる

 もう一昨日になりますが、オリンパスが映像部門を分社化してどこぞのファンドに売却するというニュースが飛び込んできました。オリンパスに限らず、今やカメラメーカーはカメラだけでは商売にならない時代なんで、ついに来る時が来たかという感じです。まぁ、当面、この世からオリンパスの製品が姿を消すわけではなく、私が生きているうちくらいはなんとかなるでしょう。

P6275329
というところで、玉電も片付いたし、本命のEF65の工作に戻ります。まだ手つかずなのはブレーキ関係。模型はブレーキがなくても支障なく走りますが、やはりこれがないと足回りがスケスケになってしまいます。こみやのキットはブレーキテコなどのパーツがあるだけで、取付は各自の裁量に任されています。まずは動力のない中間台車を外し、各部の寸法を当たってみます。

P6275328
台車枠同士の間隔、レール面からの寸法などを計り、簡単な図面を書いてみました。

P6275322
これが1台車分のパーツ。車輪の両側で形が違います。ブレーキシュー、引き棒なども作らないといけません。

P6275324
ロストワックスなんで湯口が付いています。右がそのままのパーツ、左が湯口を切ったもの。

P6275327
湯口は切ったままではダメで、その厚みも削らないといけません。上が原型、下が加工後です。これが結構削りでがあり、バイスにも咥えられないので指先が痛くなります。

PB260314

PB260320

PB260323
実物はこんな具合で台車枠に取付けられています。テコの支持金具はチャンネルから加工するのがよさそう。適当な寸法のチャンネルがあるだろうか。

RM MODELS デビューしました

 コロナウィルスの影響で鉄道趣味誌も5月の発行を取止め、今月に合併号として発行というケースが増えています。世の中、思わぬところがとばっちりを受けているようです。

P6243901
私が少し関わっているDJ誌もそうでしたが、RM MODELSも7・8月合併号になっています。

P6243902
その号のだいぶ後、139頁からが玉電の小特集です。

P6243904
メインはデハ70形の製作ですが、それに引っかけて私の0番デハ60形も紹介するから、簡単な製作メモと写真を用意されたしという連絡が来たのが5月の25日頃でした。入院直前だったので慌てて製作メモをまとめてメールで送信。製作中の写真はCDに焼き、現物とともに入院の前日、Chitetsuさんにお預けしました。

P6243903
誌上では見開き2頁で紹介されています。これでやっと昨年のJAMに出品された方々の末席に加わることができました。それはいいとして、RM MODELS編集部にはOゲージのレールの常備がないのかな。

 昨日、阪神電鉄尼崎車庫内で電車が車止めに乗上げるという事故がありました。車両は山陽電鉄5000系の5703編成で、リニューアル編成の2本目にあたります。車庫内で性能確認の試運転をしていたそうですが、このリニューアル編成はいろいろトラブルが続いていて、1本目の5702編成もほとんど営業運転に就いていないようです。直接には阪神側の運転ミスなのでしょうが、車両にも問題ありとなると、責任の所在が複雑になりそうです。

久々に都県境を越える

 ステージ2だか3だかようわからんけど、都県境を越えて移動してもよかろうとなったので、久々にとなりの県まで行ってきました。

P6213870
渋谷からレトロな電車に乗ります。調べてみたら昭和52年度製でした。

P6213872
多摩川を渡って相模の国に入り、向かったのはここ。過去にも何度か来たことがあります。

P6213873
入口で手を消毒してから2階に上がります。

P6213889
部屋に入ってもう一度手の消毒。念には念を入れ、です。見慣れたレールが敷かれ、ちょっと大きめな模型が走っています。

P6213882
いつもより人数は少なめですが、ヤードはそこそこ車両が並んでいます。

P6213886
この時期なんでマスクかフェイスシールド着用は守らないといけません。

P6213874
先に来ていた人がひととおり運転した後なので、すぐに順番が回ってきました。新しい台車に替えてからのロングランは初めてです。既成の動力装置なので走行は問題なし。単行ものは10分も運転していれば飽きてきます。

P6213887
これはOJです。ペーパー製ですっきりした仕上がりですが、レーザーカットかも知れません。

P6213884
これは若干フリーな小田急のデキ1010。NSEを新製する祭、高い運転台からの信号の見通しを確認するため、同じ高さの櫓を組んだ状態を再現しています。作者も現物は見ていないとのことでした。

P6213892
館内が飲食禁止になっているので14時前に退出して、あざみ野駅改札内のしぶそばで昼食。もりそば320円にちくわ天110円で締めて430円也。そば一は同じメニューで490円になるし、ちくわ天はこちらの方が大きい。ちくわ天用のつゆも付いているからコスパは断トツです。

P6213897
曇りでもそこそこ明るかったので、ホームから10分ほど撮影。ホームドアと関連してホームの端までは行けなくなったので、少しカメラアングルを高くして柵を避けています。このあと上りも6000系が来たのでQシートに座り、溝の口から南武線、小田急経由で帰宅しました。さて、次に晴れたらどこに行こうか。

ボルタ判カメラで撮ったネガ

 先日、古いネガの複写をした時、昭和36年撮影とあるセミ判のネガカバーの中に、ボルタ判のネガが少し紛れ込んでいました。撮影年月日はわかりませんが昭和30年代の前半でしょう。私が初めてカメラを使ったのは小学校6年(昭和32年)の修学旅行でしたが、これはおそらく中学生の頃に撮影したもので、現存しているネガとしては最も古いものと思われます。

P6183866
撮影したカメラはこれ。ボルタックスⅡという名前で、昭和30年頃の我が家でロールフィルムを使用できる唯一のカメラでした。メーカーは宮川製作所で1940(昭和15)年に発売されたもの。レンズはF4.5/40mm、シャッターはB、1/25、1/50、1/100の4段階、ピント合わせは回転ヘリコイドによる目測式。見てのとおりボディーは総金属製ですから玩具カメラではなく、現在でもメッキはほとんど剥げていないというしっかりした造りです。
 使用するフィルムはボルタ判と呼ばれ、35mmフィルムの同じ天地寸法でパーフォレーションがなく、ブローニー判のように裏紙がついています。画面サイズは24×24mmで12枚撮りですが、このカメラは25×25mmになっています。フィルムはチェリー商事からみのりパン、愛光商会からライトパンという名前で発売されていました。どちらもメーカーではないので、フジかサクラのOEMでしょう。

P5074195
さて何が写っているかというと1枚目はこれ。常磐線のクハニ67で、シル・ヘッダー付きだから001か002、場所は北千住で間違いないでしょう。

P5074196
これも北千住かな。車両はクモハ41でしょう。おそらくガーランド型ベンチレーター付きが珍しくて、咄嗟にシャッターを切ったのだと思います。

P5074198
東京駅の13番線、横須賀線下りの先頭に立つクモハ43(53)。当時の私にとって一番憧れの電車でした。時間があるときはこのまま川崎あたりまで乗り、クロスシートと高速での独特な揺れ、MT15のキィーンという唸りを楽しんでいました。

P5074199
機回しに使う11番線に留置されていたクモハ43(53)。追突事故に遭った編成の中の1両ですが、車体にほとんど損傷が見られないので、直接にぶつかった車両ではなさそうです。

P5074200
こちらが当事車と思われるクハ153。助士側の仕切りがかなり変形しているので、角をぶつけたのだろうか。

P5074201
場所は変わって池袋の東上線ホーム。5番線から発車した準急の寄居行きです。先頭はモハ3200形。

P5074202
7番線に停車中の志木行き各停。78形で少し黒っぽく写っていますが、オレンジに黄帯だったはずです。

P5074204
小田急の東北沢。斜めになっていますが、台車を撮りたかったのでしょう。

P5074205
ED1041が牽く下りの貨物列車。砂利を降ろした空荷です。

P5074206
デユニ1001。ケツが切れているのは東北沢の駅名標を入れたかったからということにしておきましょう。この車両はあまり見た覚えがなく、写っていただけでも感激です。
プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • EB10の再生(その3)
  • EB10の再生(その3)
  • EB10の再生(その3)
  • EB10の再生(その3)
  • EB10の再生(その3)
  • EB10の再生(その3)
  • EB10の再生(その3)
  • EB10の再生(その3)
  • EB10の再生(その3)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード