原鉄の模型教室やJAMなどでお付き合いのある小池さんは、南佐久郡の実家に大規模なマルチゲージレイアウトを建設中で、これがひととおり運転できる状態になったから、車両を持ってお越しくださいというご案内をいただきました。

DSCF6005
7日の上野駅新幹線ホーム、自由席3号車の乗車位置。こてはし鉄道の宮崎さんと合流します。連休も残り1日となればそんなに混雑することはないだろうという読みは大当たりでした。それにしてもこのホームに辿り着くまで、どこまで潜れば気が済むんじゃ!という感じです。まぁ、都営地下鉄大江戸線の新宿ほどではないけど、東急東横線の渋谷とはいい勝負になります。

DSCF6008
もう少し早い時間でもよかったのですが、小海線の接続なんかもあって9:10発の「あさま605号」に乗ります。

DSCF6011
北陸新幹線に乗るのは2019年以来3年ぶり。乗車率は30%くらいかな。大宮で少しまとまって乗ってきても50%以下、以後は高崎、軽井沢と降りる一方です。

DSCF6017
1時間6分で佐久平に到着。時間的には東海道の新富士あたりに相当します。

DSCF6020
改札口は1箇所、普通なら南口、北口となるところが蓼科口と浅間口、確かに浅間山が見えるのは北側です。

DSCF6021
ここは新幹線が地平で小海線が高架という珍しいレイアウト。小海線ホームは改札口と同一平面になっています。

DSCF6023
キハ110の2連が到着。卓上電鉄のメンバー3人と合流して乗込みます。

DSCF6032
ローカル線にしては小まめに停車して、10:56羽黒下に到着。

DSCF6064
駅舎は小綺麗に整備されています。背後に簡易郵便局があるけど、ほとんど人の気配はない。

DSCF6041
秘密基地までは車で数分、歩いても10分足らずの距離。2階の左半分強がレイアウトルーム、1階の右が5インチゲージの工場で、大型の旋盤やボール盤が置かれています。

DSCF6053
レイアウトルームのほぼ全景。自分の目で見てやっと全容が掴めた感じです。紆余曲折、試行錯誤を重ねての結果で、さらに部分的な改良は続きそう。

DSCF6056
16番の本線ではこれが一番調子よく走っていました。

DSCF6043
0番の線路は高架下になってしまい、全体の見通しはやや悪い。

DSCF6059
玉電はウエイト増量で集電も安定しています。

DSCF6062
3線式の線路はないので、コンテナ貨車は上田電鉄のB凸が牽引。この組合わせも悪くない。

DSCF6063
ョ5000は車輪の絶縁が不良で、早々に戦力外通告となりました。帰宅後の点検で車輪の1軸がショートしていることが判明。根性入直さないといけません。

DSCF6047
16番はこれを持っていきました。このカーブは左からだと下り込みになってスピードが上がるので、手放し運転はできません。

DSCF6049
4連に2個モーターなので少々の勾配は問題なし。

DSCF6039
昼食後に本宅の5インチゲージを見学。これだけの広さならライブのイベントもできそうです。

DSCF6040
これも運転させてもらいました。路盤が悪くて脱線する箇所があるので、次回は線路整備をやりましょうか。

DSCF6068
わいわいがやがや楽しんで15時半頃にお開き。帰りの小諸行きはハイブリッドのキハE200形でした。

DSCF6076
佐久平では少し待ち時間があったので駅舎を撮影。東京行きの新幹線もガラガラでした。長野県といって自宅から3時間くらいだから、そんなに遠いとは感じません。小池さん、次は秋くらいにどうですか。労力奉仕もしますので。