また西武ネタですが、今回は車両ではなくホームに注目してみます。chitetsuさんのブログでもチラっと取り上げられたことがある新宿線の上井草。ここはホームの前後に踏切があり、過走余裕距離が0という運転士泣かせの駅なのです。

P7200645
上井草のホーム全景、下りホームの西武新宿寄りから撮影しています。直線なので見通しはよい。

P7200623
ホームの中程は大谷石積み、上屋の柱も木製で、4連が標準だった頃の面影を残しています。

P7200664
改札口はそれぞれのホームにあり、上下のホームを結ぶ跨線橋や地下道はありません。ホームが短かった時代には構内踏切で行き来できたのだろうと思います。写真は上りホーム(北口)の駅舎で、無理してなんとか作りましたという感じです。

P7180579
下り方面へは踏切を渡れという案内が出ています。

P7200658
下りホーム(南口)の駅舎。線路と平行する商店街に面しています。

P7200656
改札口、下り専用のホームだという表示がありますが、たまには間違えて入場してしまう人もいるのでしょう。

P7200653
ガンダムみたいな像があります。

P7200661
駅前広場はなく、踏切を渡る道路に面してバス乗り場があります。

P7180566
上りホームの先端部。40cmくらいの張出しがあり、停止位置目標は踏切ギリギリの位置に建てられています。

P7180581
ホームの張出しからさらに飛出して止まっていますが、これが標準的な止め方のようです。

P7180604
下りホームの最後部にも同様な張出しがあります。こちらは少し短め。

P7180572
張出し部分には引っかかっていませんが、道路が線路に対して少し斜めになっているので、これが限界ギリギリというところです。

P7200651
バスも通るので、ラッシュ時は電車との隙間をすり抜けることになります。

P7200634
下り先頭(上石神井寄り)もホームと踏切が異常接近しています。電車が4連くらいの時はホームから遙か彼方だったのですが、今となってはご覧のとおり。そこそこの通行量はあるので廃止にはできないし、かといって家も建込んでいるので簡単に移設もできないでしょう。
*停車しているのは上り列車。

P7180584
上りホーム。こちらも後付けと思われる張出しがあります。

P7180586
下りホームも同様。

P7180592
北側から見た踏切。左下に見えている縁石が道路の境目だから、踏切部分だけ道幅を削ってホームを延長したのだろうと推測できます。

P7180589
下り列車も少しはみ出して止まっています。上下列車ともかなり慎重に速度を落とし、意識的に停止位置目標を越え、踏切に引っかかる寸前の所で止めているように見受けられます。

P7180594
上り列車。スカートの端が踏切にかかっています。上り寄り先端のいかにも応急的な張り出しですが、これは20000系で先頭車の全長が270mm長くなったことへの対応ではないかと思います。