モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

58年前のカラーフィルム

 旧居の片付けで捨てるつもりの紙屑の中から、1965年と1966年に撮影したネガカラーフィルムが発掘されました。幸いビネガーシンドロームにもなっていないのでスキャンしたところ、粒状性は新聞のカラー印刷並みですが、色はそこそこに再現されています。いかにも色見本的な撮り方なので、取捨選択せず、すべてをご覧ください。

P5062537
ネガカバーです。まだネガカラーが出始めた頃なので、現像は製造元の小西六写真工業に送っていたようです。小西六のフィルムは「さくら」がブランド名で、後に社名ともども「コニカ」に変更されています。

P5052535
20枚撮り2本で1本は1965(昭和40)年11~12月、もう1本は1966年7月に撮影しています。この時期、フジのネガカラーはオレンジベースになっていましたが、さくらカラーはクリアベースです。4枚増えて値段は同じの24枚撮りはまだ発売されていません。

P5010490
最初は東武鉄道伊勢崎線の松原団地(現在の獨協大学前)付近。2000系ですね。周囲はもろに田舎そのものです。画像処理ソフトの自動カラー調整による一発補正なので、色かぶりは完全に抜けていません。下手にいじるとドロ沼に嵌まるだけなので、これ以上手を加えるのは止めておきます。

P5010491
快速の6000系。

P5010492
看板列車の1720系(DRC)。午後の下りだから「きぬ」でしょう。

P5010493
32系の準急。

P5010495
営団地下鉄3000系。11月5日だけど窓が一部開いているから、暖かい日だったのか。

P5010494
水鏡を狙ったわけではなさそう。このあたりは高架複々線になり、マンションが林立しています。

P5010496
地下鉄丸ノ内線の四ッ谷。定番のアングルです。

P5010497
京王線の初台~幡ヶ谷間。よく見ると5070系の2本併結です。

P5010498
2000系+2700系の5連。快速だから京王多摩川からですね。

P5010499
後方に見えている歩道橋から。井の頭線から転用した1710系1711~1714の4連です。甲州街道は拡幅工事が進行しています。

P5010501
横浜市電1500形。系統板は「7」のようだけど、場所は不明。

P5010502
原宿~渋谷間の山手線。101系は6M2Tの8連。今ならちょっとまずい位置からカメラを構えています。当時はぎりぎりセーフでした。

P5010503
緑の103系。方向幕は「山手線」ではなく「山手」。根岸線開業により同線の山手に行こうとした人がこれを見て乗り間違えたとか。

P5010504
小田急電鉄大根~大秦野間。トンネルを出で金目川を渡った先のあたりでしょう。

P5010505
中央線市ヶ谷~四ッ谷間。まだ日中の快速運転は行われていない。架線柱はほとんどが木柱です。

*追加 この頃の、日中の快速運転は平日のみで、この日(11月7日)は日曜だったから日中の快速運転は行われていない。

P5010506
都電8000形。九段坂の途中で青山の10系統須田町行きです。右の車はブルーバード?

P5010507
大井町、京浜東北線の103系は6M2Tの暫定編成です。

P5010508
横須賀線北鎌倉付近。混色編成はカラーの試し撮りにもってこいです。基本7連でサロは4両目に1両だけ。スカ色はまだ湘南色と同じ塗り分け位置で、クリーム色の部分が多い。

P5010509
境川を渡る江ノ電304編成。左の家の奥が鵠沼駅で、鉄橋は単線。

宮田の自転車

 ゴールデンウィークも終盤、なんとか天気に恵まれたので3・4日は外歩きをしてきましたが、それは写真の整理ができてからアップするとして、時間稼ぎに近所で拾ったネタでつないでおきます。

P4202128
自宅から数軒先の家の脇に、かなり年代ものの自転車が止められています。時々姿が見えなくなるので、まだ現役で使われているようです。私が子供の頃、自転車といったらほとんどこのタイプでした。軽量化なんぞは関係なし、がっちりした作りの実用車で、商店ではこれにリヤカーをつけて荷物の配送なんかに使っていました。

P4202134
チェーン回りはしっかりガードされています。ギアは1段固定でシフトできません。

P4202132
頑丈な荷台。サドルはオリジナルではなく交換されています。

P4202130
前照灯はレンズ部分がガードされています。可動部分に注油したくなるな。

P4202131
ベルは蓋の部分がなく、音は出ません。

P4212185
フレームにMIYATA   COTTERLESS  BICYCLE と書かれています。COTTERはくさびとう意味だけど、他社製品と差別化できる謳い文句だったのだろうか。

P4212184
前輪カバーについているエンブレム。ギヤMといったら宮田自転車のことで、その昔は山口自転車と並ぶ二大メーカーでした。1890(明治23)年に日本で初めて自転車を製造し、1902年に商号を宮田製銃所から宮田製作所に変更。ギヤMマークは1907年に商標登録されています。1963年、宮田工業を経て現在はミヤタサイクルとなっていますが、ギアMマークは今も生きています。

超狭! 春日野道(阪急)も真っ青

 このネタもネットのニュースから拾い、現地で確認したものです。

P4272277
百聞は一見にしかず、JR新橋駅5・6番線ホームの浜松町寄りで、左が山手線内回り、右が京浜東北線北行になります。最近になってホームドアが設置されたそうで、最後尾の1号車1番ドアのあたりは、点字ブロックの内側に辛うじて10数cmくらいの隙間が残されています。ちょっと太めの人だと擦れ違いは無理そう。少し前に阪急神戸線の春日野道に設置されたホームドアが凄いと話題になったけど、これに比べればかわいいものです。

P4272284
もう少し引いてみます。3番ドアくらいまで来ればまぁまぁの幅になっています。

P4272280
上の写真と合わせて見ればわかりますが、屋根の柱も中央ではなく、片側に寄せて歩行スペースを確保しています。

P4272276
振り返ってホーム中程を見たところ。その昔の8連対応ホームから10連、11連対応に延長された結果、後尾3両分くらいはかなり幅が狭い。ここでひとつ疑問、11連の山手線はホームいっぱいになるけど、10連の京浜東北線は狭い部分を避け、1両分前にずらして止められないのだろうか。

P4282289
同じホームの有楽町寄り。京浜東北線(左側)のストップ位置はホーム先端から1両分後退していて、ホームドアは10両分しか設置されていません。ということは、その昔のように山手線が外側、京浜東北線が内側を走ることは考えていないようです。停止位置をずらしているのは、停車した時に両線の号車番号を揃えるためなのでしょう。
*下り寄り(南行、外回り先頭)が1号車となるので、ケツ合わせで止めればホーム反対側の車両も同じ号車になる。

P4282285
その仮説が正しいか検証してみます。神田駅の南行、外回りホーム。右が京浜東北線で、頭合わせで止まるから後尾1両分はホームドアがありません。

P4282288
同方向の新橋。やはり頭合わせで止まります。

P4282291
秋葉原の北行、内回りホーム。ここも随分狭いと思ったけど、新橋に比べればまだまだ余裕があります。

P4282294
鶯谷は山手線側にしかホームドアがない。

ということで、田町~田端間では号車番号を合わせて停車しているようです(全駅を確認していないので断定はできません)。これは忘れ物をした時などの位置確認がしやすいようにという配慮なのかも知れません。山手線が外側線を走ることを想定していないのなら、10号車を10連の先頭車ドア位置に合わせて変則的なドア配置にした意味がなくなります。
プロフィール

モハメイドペーパー

ギャラリー
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
  • 台風がナンボのもんじゃい、近鉄乗りまくりとJORC関西運転会(その1)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ