モハメイドペーパーの      何が出てくるか2

かなり「鉄」分が多めの内容になっています。             2019年11月以前のバックナンバーはこちら。             http://jorctk.cocolog-nifty.com/                    カウンターはココログからの通算です。

羽沢横浜国大とその周辺

 先週の6日、横浜に用事があったので、そのあと、また相鉄に乗ってみました。

PC061693
西谷の上りホーム。新宿行きはまだしばらく来ません。

PC061695
4番線側の時刻表はJR直通列車だけの表示なので、ローカル線なみです。

PC061698
E233系が到着。新宿とJR埼京線直通が交互に表示されます。

PC061702
走り出したら3分ほどで羽沢横浜国大。ここも相鉄の駅ですが、横浜からの運賃が西谷まで180円なのに対し、一駅で50円プラスの230円になります。この一駅間だけなら180円なので最低運賃より30円高いだけですが、発駅によっては一挙に70円プラスとなる場合もあります。

PC061725
昼間の列車は座席の半分も埋まっていません。ホームにいるのも「鉄」の方が多い。

PC061703
改札口。屋根が半透明で自然光を取り入れています。夏は暑いんじゃないかな。

PC061705
コンコース内に直通運転開始を記念して公開したムービーのセットが置かれていました。小田急から譲り受けたモハ1000形の車内らしくなっていて、一般にはなかなかよくできているという評判です。しかし、「鉄」の目から言わせてもらうと、1000形の窓は下降式なのです。真鍮製の止め金を手配した努力は認めるけど、肝心なところで的外れになっています。

PC061706
さらにこの扉、ガラスの押さえは初期のプレスドアっぽいのに、下は木製ドアの補強のつもりなんだろうか。ムービーではないけど、1000形を東急から譲り受けた車両と説明していて、まぁ間違いではないものの、実際には小田急のデハ1100形(東急時代はデハ1150形)じゃないかと突っ込みたくなります。

PC061708
駅舎はなかなか立派です。ただし、見渡せる範囲に店は1軒もありません。

PC061712
駅前のバス停。新横浜駅~保土ヶ谷駅の系統ですが、終日ほぼ1時間に1本。やはりここは秘境駅か。

PC061719
駅前がすぐ高台になっていて、ここから駅の全容が見渡せます。後ろは横浜羽沢の貨物駅。左端にそこを横切る横断橋の階段が見えています。

PC061721
同じ位置で振り返ると、こんな風景が展開します。

PC061714
まだ次の電車まで時間があるので、横断橋を渡ってみます。左が貨物の通過線で、相鉄のホームはこの下にあります。

PC061715
反対側に到達。貨物列車は見当たりません。12月から発着線荷役方式になったとかで、入換のDE10はお役ご免になったそうです。ゆっくり駅まで戻り、次の新宿行きに乗車。これで新線区間は上下とも初乗り完了です。

PC131741
そして1週間後の今日(13日)、また横浜に用事があったので、帰りにこんな所を相鉄が走るんだというカットを狙ってみました。バックのトラス橋は鶴見線といえば、場所はわかりますね。

PC131742
ここはほぼ15分ごとに上下列車が通過しますが、なかなか東海道線や湘南新宿ラインと被ってくれません。

PC131744
もう1本、新宿行きを待っている間に新しい「踊り子」のE261系が通過。これも微妙な色です。

PC131746
来年3月で引退となる251系の「スーパービュー踊り子」。私はまだ一度も乗っていません。そろそろ腹も減ったし、結構寒いので引き上げます。

瞬間芸

 本日は12月12日、なので、この一瞬を狙いました。

PC121735
本命は11月11日だったのですが、ちょっと別のことに気を取られているうちに撮り逃がしました。それに懲りて今日は2分前から仕事を中断して待機していたのです。

玉電デハ60形の製作(その13)

 玉電の製作もだいぶ大詰めになってきました。そろそろ塗装を視野に入れながら、残りのパーツを取付けてゆきます。

PB281588
窓の保護棒を取付けます。本体は0.5mm径の洋白線。取付け金具は京急デハ230形用に作っていたものを流用します。洋白線は少し長めに切り、一端から窓柱に合わせて瞬間接着材で間隔を決めたら、スーパーXで接着します。

PB301618
一晩置いて接着できたか確認。浮きがあったらロックタイトをちょんと垂らして固め、OKとなったら余分な部分を切り落とします。こういう工作は金属の方が楽ですね。

PB301620
傾きもないようなので合格です。

PC011643
西国立ラインで試運転。スピードもちょうどよく、ポイント通過も問題ありません。

PC101728
軽量のため集電がやや不安定だったのでウエイトを追加。32×40mmのフレキウエイトを4枚、これは仮設なので両面テープで固定しています。

PC101733
非パンタ側にはジャンパ栓とエアホースを取付け。ジャンパ栓は左端の母線用がもっと大きいのですが、それ1個のために手間暇かけられず、手持ちパーツで我慢します。エアホースはEF65用に確保していたものを2個流用しました。これで取付けるものはすべて取付けたはず。いよいよ天気のよい日に塗装だぁ。

プロフィール

モハメイドペーパー

 1946(昭和21)年生まれ、AB型、男。生息地は中央線(JR)の沿線なので、鉄道は複線で電化されているものと認識している。
 鉄道関係のライターが本業になり、今も細々ながら現役。趣味が鉄道模型製作だが、本業との境目は曖昧。

ギャラリー
  • 仲間が増えた
  • 仲間が増えた
  • 仲間が増えた
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
  • 運転会2連発
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ